Webブラウジングの高速化を実現

米アマゾン、Kindle FireにAWS連動ブラウザ「Silk」を搭載

2011/09/29

 米アマゾンは9月28日(米国時間)、タブレット端末「Kindle Fire」を発表し、この製品が新発想のWebブラウザ「Amazon Silk」を搭載することを明らかにした。

 Silkを同社は「スプリットブラウザ」と表現する。Kindle Fire上で動くWebブラウザとAmazon EC2上のサービスが連動し、Webデータの処理を分担して実行するからだ。これにより、非力な端末でも安定的に高速なWebブラウジングが可能になるとしている。

 Amazon Silkの紹介ページで、アマゾンは次のように説明している。

 「ブラウザのすべてのサブシステムは、Kindle Fire上に存在すると同時に、AWSのクラウドコンピューティングプラットフォーム上にも存在する。Webページをロードするたびに、Silkはこれらのサブシステムのどれをローカルで動かし、どちらをリモートで(「AWS上で」の意味)実行するかについて、動的に判断する」

silk01.jpg Web処理のそれぞれをローカル、クラウドのどちらで実行するかを動的に判断するという

 Amazon EC2上の仮想サーバ上のWebブラウザが、必要に応じてKindle上のブラウザの代わりに、さまざまなサーバにアクセスする。そして、Webサーバの名前解決から始まり、CSS、JavaScriptの処理、SSL処理などを実行するという。「スプリットブラウザではWebアセットへのリクエストをクラウドから実行する。さらにこうしたアセットが同一のクラウド上に存在した場合を考えると、このリクエストは5msで実行できる」と米アマゾンのピーター・ボスホール(Peter Vosshall)氏は紹介ビデオで語っている。これは、AWS上でWebサービスを運用してくれれば、Kindle Fireのユーザーに対してさらに高速なWebページのデリバリが可能だと付け加えているようにも聞こえる。

silk02.jpg クラウド側で、高度なキャッシュや予測に基づく先読みレンダリング、データ圧縮などを行うという

 Amazon EC2上の仮想サーバは、HTMLや画像、JavaScript、CSSなどの広大なキャッシュとして機能するが、加えてそのサイトのビジターによく見られる行動から判断して、先読みレンダリングも行うという。画像を端末の画面サイズに最適化して縮小してから送ることも高速化に貢献すると、アマゾンは説明する。

 この紹介ページを、アマゾンは「Amazon Silkについて、今後もっと言いたいことがある」と意味深な記述で終えている。

(@IT 三木泉)

情報をお寄せください:

Server & Storage フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

2022年に向けてサプライパス最適化(SPO)への投資が増加――IAS調査
広告支出の多くがプログラマティックバイイングに向かう中、SPO戦略への関心が高まってい...

なぜ日本企業だけがデータを中心としたコミュニケーションへの変化に否定的なのか
パンデミックがコミュニケーションに与えた影響について、ビジネスリーダーの評価が日本...

マクドナルドが有名ゲーム配信集団とタッグを組む理由
米McDonald'sとFaZe Clanがライブストリーミングイベント「Friendsgaming」を実施。有名...