従来比最大3倍のスループットを実現

富士通、ハイエンドストレージでも新シリーズを投入

2011/11/01

 富士通は11月1日、同社ハイエンド・ストレージの新シリーズ「ETERNUS DX8000 S2 series」を世界各国で販売開始したと発表した。同社は今年5月にエントリ・ストレージおよびミッドレンジ・ストレージで新シリーズを発表したが、今回の発表により、すべてのラインナップで新シリーズが出そろったことになる。

 新シリーズは高速CPUを搭載し、キャッシュ容量を増大。さらに内部バスの転送速度を向上した。これにより、従来機種のDX8000 seriesに比べ、最大3倍のスループットを発揮するという。ストレージ接続インターフェイスとしては、新たに10Gbpsイーサネットをサポートし、10Gbps iSCSI、10Gbps FCoEが利用できるようになった(ミッドレンジ/エントリの新シリーズでは搭載済み)。ファイバチャネルは最大128ポート、イーサネットは最大64ポートの構成が可能。容量は最大4.6PBを実現できる。

fujitsu01.jpg ETERNUS DX8700 S2(ラックマウント時)

 新シリーズでは、新たにデータ自動階層化管理機能を搭載。例えばアクセス頻度に応じて適切な記憶媒体にデータを自動再配置することで、パフォーマンスと効率を両立しやすくなった。また、サーバの重要度に応じて、事前設定に基づきストレージ処理の優先度を変えるQoS機能が加わった。また、高効率な2.5インチSASドライブおよび電源装置を採用したことで、従来比53%減の省電力化を実現したという。

fujitsu02.jpg 2つのモデルが提供される

 新シリーズは2モデルで構成される。最大144TBの構成が可能な「ETERNUS DX8100 S2」が2119万2000円から、最大4.6PBが実現できる「ETERNUS DX8700 S2」が3287万円から。いずれも出荷開始は2012年1月末を予定。

関連リンク

情報をお寄せください:

Server & Storage フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...