DDoS防御で「桁違い」の性能を提供

A10ネットワークス、新ASICで高速化図ったADCを発表

2012/02/16

 A10ネットワークスは2月15日、負荷分散/アプリケーションデリバリコントローラ(ADC)製品の新モデル「AX3200-12」と「AX3400」を発表した。

 AXシリーズは、サーバロードバランスやHTTP/SSLのアクセラレーション、アプリケーション高速化などの機能を提供するアプライアンス製品だ。マルチコア/マルチスレッド対応の64ビットOS「ACOS(Advanced Core Operating System)」によって、高いパフォーマンスを実現することが特徴だ。

 新モデルはいずれも1Uサイズのコンパクトモデルだが、これまでハイエンドモデルの「AX5200-11」のみに搭載されていたASICの強化版「FTA-2(Flexible Traffic ASIC-2)」を新たに搭載している。これにより、レイヤ4コネクションの処理性能はもちろん、DDoS攻撃対策の性能も向上した。AS3200-12では毎秒2500万のSYNパケットに、AX3400は毎秒5000万のSYNパケットに対応でき、「ファイアウォールでの防御に比べ、桁違いの性能を実現する」(同社)という。

a1001.jpg

 価格は、ミッドレンジモデルのAX3200-12が869万9000円、中〜大規模企業やサービスプロバイダ向けの上位モデルであるAS3400は1499万9000円。

 なお、同社では日本向けサポートの強化を進めており、その一環として、試験的にコールセンター機能の一部を日本国内に移管した。日本語によるサポートが提供されるほか、問題が発生した際の修正が速やかに提供されるなどのメリットがある。今後1〜2カ月のうちに本格稼働する計画という。

関連リンク

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

Master of IP Network フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...

AI活用、6割超の企業はPoC(概念実証)止まり――Accenture調査
「わが社でもAI活用を」と考えている企業は多いようですが、実際はどこまで進んでいるの...