データグリッドやチャート、スケジューラなど30種類以上のウィジェット

グレープシティ、ASP.NET用にjQuery UIウィジェットを発表

2012/08/22

 グレープシティは8月22日、Microsoft ASP.NETフレームワークで作るWebアプリケーション向けに、jQueryのウィジェットのjQuery UIを拡張したコンポーネントツールセット「ComponentOne Studio for ASP.NET Wijmo 2012J(Wijmo 2012J)」を発表した。グレープシティによる米コンポーネントワンの買収以降初めての新製品となり、9月26日に発売する。

 Wijmo 2012Jは、米コンポーネントワンがオープンソースで運営してきた「Wijmo」がベースになっている。WijmoはjQuery用に40種類以上のウィジットを提供しており、Wijmo 2012Jは、WijmoをASP.NETフレームワーク用に最適化した製品となる。

wijmo01.jpg

 Wijmo 2012JにはjQueryが用いられている。Microsoft Visual Studio 2010から、jQueryがクライアント側の標準技術となったためだ。

 ユーザーはこれにより、データグリッドやチャート、スケジューラなど30種類以上のウィジェットを容易に追加できるようになる。また、Webブラウザでチャートやアニメーションを描画できるSVGチャートも採用している。Internet Explorerのほか、Firefox、Safari、Chrome、Operaなど、クロスブラウザ環境で利用できる。

 価格は、1開発ライセンス(パッケージ版/ダウンロード版)が14万7000円、サーバライセンスが10万500円。無償のトライアル版は9月中旬からダウンロードできる。グレープシティでは200ライセンスの販売を見込む。

関連リンク

(@IT 河内典子)

情報をお寄せください:

HTML5 + UX フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

2021年の炎上発生件数は1766件、前年対比24.8%増――「デジタル・クライシス白書2022」
2021年のデジタル・クライシス(ソーシャルメディアを中心としたネット上で発生した危機...

若者のインスタ離れを食い止めるためにMetaが下した「古参ユーザー切り捨て」の決断
Metaの若者文化への主要な接点であるInstagramは現在、反撃を目指している。メタバースへ...

2022年のEC売り上げ、6割が「伸びる」と予測――フューチャーショップ調査
コロナ禍でも拡大し続けるEC、ポイントは口コミSNSの活用にありそうです。