Linuxディストリビュータもクラウド事業者も

OpenStackディストリビューション、相次ぐリリース

2012/09/05

 オープンソースのクラウド基盤ソフトウェア「OpenStack」を取り込んだディストリビューションリリースの動きが活発化してきた。

 米Red Hatは米国時間の8月13日に、「Red Hat OpenStackディストリビューション」のパブリックプレビュー版を公開した。Red Hat Enterprise Linux 6.3上で、2012年4月にリリースされたOpenStack Essexリリースが動作する。いずれ次期バージョンのOpenStack Folsomリリースが公開されれば追随する予定という。

 Red Hatは、これまでの経験を生かし、Red Hat OpenStackディストリビューションによってエンタープライズクラスのクラウド基盤を提供できるとし、2013年の早い時期に正式リリースを見込んでいる。将来的には、Rackspaceなどのパートナーと協力し、Red Hat OpenStackベースのクラウドも提供する予定という。

 一方Attachmate GroupのSUSEも8月29日、SUSE Linux EnterpriseとOpenStackをベースとしたディストリビューション「SUSE Cloud」をリリースした。同じくOpenStack Essexリリースを採用しており、今後のバージョンにも追随予定だ。

 SUSE Cloudでは、OpenStackを管理ツールの「SUSE Manager」やイメージ構築ツールの「SUSE Studio」と組み合わせることにより、ワークロードの監視、分散や迅速なプロビジョニングなどが可能という。また、オープンソースのクラウド向けデプロイツール「Crowbar」も含んでおり、導入、管理作業を自動化できる点も特徴という。

 ほかに、NASAとともにOpenStackプロジェクトを立ち上げた米Rackspace自身が、プライベートクラウド環境を簡単に構築、テストできる「Rackspace Private Cloud」を公開。Piston Cloud Computingも、OpenStackをベースとした「Airframe」を9月4日から公開した。Airframeは、企業向けクラウド管理ツール「Piston Enterprise OpenStack」の機能を簡素化した無償版だ。

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

Master of IP Network フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...