Pythonアプリのデベロッパに強く「オススメ」

Google API向けの「Python Client Library」が安定版に

2012/09/14

 米Googleは9月13日、Google API向けの「Python Client Library」がβ版から安定版になったと発表した。

 Python Client Libraryは、Google APIを使ったPythonアプリケーションを開発しているデベロッパ向けのライブラリ。新たにOAuth 2.0のサービスアカウントをサポートしたほか、メディアリソースのアップロード、バッチリクエスト、非同期リクエスト、フィードページングなどの機能が加わった。

 Googleでは、RESTful Google APIの呼び出しと返ってきたデータの取得がシンプルになること、コードを書き足すことなくOAuth 2.0認証プロトコルとエラーの処理ができることを挙げ、Pythonアプリケーションのデベロッパに同ライブラリの利用を強く推奨している。

関連リンク

(@IT 鈴木聖子)

情報をお寄せください:

Coding Edge フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

Amazon最強伝説を検証する
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

TwitterとShopifyが提携 米国のマーケターが熱視線を送る“ソーシャルコマース”とは?
TwitterはShopifyとの提携により、米国においてEC機能を拡張する。

脱Cookie時代にデジタル広告が取り戻すべきものとは?
インターネット黎明期からデジタル広告の市場創造に携わってきた著者が今、気象データの...