Pythonアプリのデベロッパに強く「オススメ」

Google API向けの「Python Client Library」が安定版に

2012/09/14

 米Googleは9月13日、Google API向けの「Python Client Library」がβ版から安定版になったと発表した。

 Python Client Libraryは、Google APIを使ったPythonアプリケーションを開発しているデベロッパ向けのライブラリ。新たにOAuth 2.0のサービスアカウントをサポートしたほか、メディアリソースのアップロード、バッチリクエスト、非同期リクエスト、フィードページングなどの機能が加わった。

 Googleでは、RESTful Google APIの呼び出しと返ってきたデータの取得がシンプルになること、コードを書き足すことなくOAuth 2.0認証プロトコルとエラーの処理ができることを挙げ、Pythonアプリケーションのデベロッパに同ライブラリの利用を強く推奨している。

関連リンク

(@IT 鈴木聖子)

情報をお寄せください:

Coding Edge フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

アドビが考えるこれからのB2Bデジタルマーケティングとは?
日本国内で新たにリリースした「Adobe Real-Time CDP B2B Edition」やアトリビューション...

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年11月)
「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。今週は「Optimizely」が顧客ドメイン数...

スペルを間違いがちなブランドを調査 「ランボルギーニ」「フェラーリ」、そしてなぜか「スズキ」も?
そこに「h」? 「s」が連続? ブランド名の表記(アルファベット)の難しさに戸惑うの...