ヤマハやネットギアのルータからもVPCへのVPN接続が可能に

Amazon VPCにVPN接続のオプション追加

2012/09/19

 Amazon Web Servicesは9月17日、Amazon Virtual Private Cloud(VPC)に新機能を追加し、BGPをサポートしないエントリモデルのルータでもVPCにVPN接続できるようになったと発表した。

 Amazon VPCは、AWS Cloudにプライベートな独立したセクションを作成できるサービス。各VPCごとにサブネットの作成、ルートテーブル、既存のネットワークとインターネットへのゲートウェイ設定などが行える。これまでVPCには、BGPによる動的ルーティングを用いてIPsec VPNで接続する必要があったが、柔軟性を高める目的で、新たに2つの新機能を追加した。

 1つはスタティックルーティングを利用してVPCにIPSec VPNで接続できるオプション。これにより、Cisco ASAやMicrosoft Windows Server 2008 R2、あるいはヤマハやネットギア製のルータなど、BGPをサポートしていないネットワーク機器やソフトウェアを使ってVPN接続を確立できる。Linuxを使ってのVPN接続も可能だ。

 もう1つの新機能として、VPCのルートテーブルにVPNとDirect Connectリンクからのルートを自動伝搬する設定が可能になった。これを使えばVPCルートテーブル内にVPN接続のための静的ルートエントリを作成する手間が不要になるという。

 ただ、自分が使っているVPN機器がBGPに対応している場合は、IPsecトンネル上で確実な生存チェックができるという理由から、BGPを利用する方が望ましいとしている。

(@IT 鈴木聖子)

情報をお寄せください:

Master of IP Network フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。