共有の可否や公開範囲のコントロールを可能に

Facebook、アプリ側で個別にアクティビティ共有を制御できるプラグイン

2012/09/21

 Facebookは9月20日、新たなプラグイン「Shared Activity」を発表した。これをWebアプリケーションに埋め込むことで、さまざまなアクティビティに関する情報を、Open Graphを通じてFacebookのタイムラインで共有するか否か、その共有範囲はどこまでかを、Webアプリ側でユーザーがコントロールできるようになる。

facebook01.jpg

 Open Graphを利用すれば、ユーザーがWeb上で行ったさなざまな活動をソーシャルグラフに追加し、Facebookのタイムラインなどで共有できる。しかし、プライバシーの観点から特定のアクティビティを共有したくないといった場合、いったんFacebookに戻って設定を行う必要があった。

 これに対し、Shared ActivityプラグインをWebアプリケーションに埋め込むことによって、「どんな情報に『いいね!』したか」「どんな音楽を聴いたか」「何をコメントしたか」といったアクティビティごとに、タイムラインに反映させるかどうか、もし反映させるとすればどのグループ/友人に公開するかを制御できるようになる。公開したくないアクティビティを削除することも可能だ。

 Shared Activityプラグインによって、Facebookの設定やタイムライン上での制御に加え、アクティビティ共有の範囲を制御できる方法が新たに加わることになる。ただしWebアプリ内でのプライバシー制御には関与せず、補完的なものであることに注意が必要としている。

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

Smart & Social フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

「ペプシチャレンジ」で煽られて焦ったコカ・コーラの“痛恨のやらかし”とは?
長年の間「コーラ戦争」を続けてきたCoca-ColaとPepsi。マーケティング施策でも切磋琢磨...

デジタル化する顧客体験に関する消費者と企業の認識ギャップ――ナイスジャパン調査
問い合わせの初動としてインターネットやFAQ検索をする人が約8割。デジタルチャネルによ...

気象データは近未来のデータ 予測に基づき「役に立つ」広告を届ける
気象データを活用することでどのような広告コミュニケーションが可能になるのか。海外の...