ファイアウォールルータ「SRT100」の後継機

ヤマハ、中小規模向けセキュリティアプライアンス「FWX120」を発表

2012/09/21

 ヤマハは9月20日、中小規模ネットワークやSOHO向けのファイアウォールアプライアンス「FWX120」を発表した。

 FWX120はファイアウォールに加え、L2TP/IPsec VPN、URLフィルタリング、ファイル共有ソフトウェアの検出/遮断といったセキュリティ機能をまとめて提供する。さらに、設定チェックや侵入/攻撃行為のモニタリングを行い、ネットワーク状況を診断する「セキュリティアドバイス機能」により、管理者が直感的に状況を判断できるよう支援する。

yamaha01.jpg

 同社は以前から、セキュリティ設定の容易さを特徴とする中小規模ネットワーク向けのセキュリティルータ「SRT100」を提供してきた。FWX120は、SRT100の機能を引き継ぎつつ全面的に強化した製品だ。日本語GUIにも改良を加え、ポリシーベースのフィルタリングやURLフィルタ、VPNなどの設定をさらに容易に行えるようにしている。

 本体機能も強化しており、インターフェイスにギガビットイーサネットを搭載。ファイアウォールで最大1Gbps、IPSec VPNでも最大200Mbpsのスループットを実現する。また、VPNトンネル数は最大30、同時セッション数は最大3万に拡張した。ルータで対応済みのmicroSDスロットやLuaスクリプト、パワーオフ・ログ保存機能などもサポートしている。

 さらに、同社のレイヤ2スイッチ「SWX2200シリーズ」との連携も可能だ。同一の管理インターフェイスからLAN側の設定をまとめて行うことができる。

 価格は8万1900円で、11月中旬に販売を開始する。今後、メールセキュリティ機能の追加も予定している。

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

Master of IP Network フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...