仮想環境やWindows 7など新しいプラットフォームへの移行作業を容易に

シトリックス、アプリ移行支援ツール「AppDNA」を提供

2012/09/25

 シトリックス・システムズ・ジャパンは9月25日、アプリケーションの移行支援ツール「Citrix AppDNA 6.1」の提供を開始した。既存のWindowsアプリケーションやWebアプリケーションを、Windows 7/8といった新しい環境や仮想デスクトップ環境に移行する際に必要なさまざまな情報を提供し、スムーズに移行作業を行えるようにする。

 Citrix AppDNAは、米Citrixが昨年買収によってポートフォリオに追加した製品だ。Windows上で動作するパッケージアプリケーションやカスタムアプリケーション、Webアプリケーションの使用状況を、独自のアルゴリズムによって分析する。そして、新しいプラットフォームに移行可能かどうか、移行したらどのような問題が発生する可能性があり、どういった修正が必要かといった情報をまとめ、提供する。ただしWindows 8への移行に対応するのは2012年第4四半期以降の予定だ。

 Citrix AppDNAはさらに、既存アプリケーションを新環境に適用させるためのパッケージ作成作業も自動化。パッチなど既知の情報を自動的に適用した上で、MSIパッケージを作成する。

 シトリックスではCitrix AppDNAによって、新しいプラットフォームや仮想環境への移行を容易にするとともに、アプリケーションのポートフォリオマネジメントを簡素化できるとしている。価格は、Standard版が3万1500円、Enterprise版が9万8100円など。

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

Server & Storage フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

カスタマーサクセスを成功(サクセス)させる「日本型テックタッチ」とは?
カスタマーサクセスにおいて、より多くの顧客に効率よく情報を届ける上で特に重要になる...

デジタルネイティブ世代の過半数は「消費にも自己表現」を意識――電通デジタル調査
コロナ禍でデジタルネイティブの消費行動や価値観が変化しているようです。

企業SNSが炎上する理由 SDGs観点で考えてみると?
業務でSNSアカウント運用を担当している人に向け、SDGsの観点から、役立つノウハウをお伝...