AWS上のMySQLやOracleのI/Oパフォーマンス改善

Amazon RDSにも高性能ストレージオプション「Provisioned IOPS」

2012/09/27

 米Amazonは9月25日、Amazon Relational Database Service(RDS)向けの新しい高性能ストレージオプション「Amazon RDS Provisioned IOPS」を発表し、米国などで提供を開始した。

 Amazon RDSはMySQL、Oracle、SQL Serverのデータベースをクラウドで運用できるサービス。RDS Provisioned IOPSは高いI/O性能が求められるトランザクショナル(OLTP)データベースに最適化され、1Tバイトのストレージで最大1万IOPSのプロビジョンを提供する。

 まず第1段階として、AWS Management ConsoleかAmazon RDS APIを使って新しいデータベースインスタンスを作成する場合、MySQLとOracleのデータベースで100G〜1Tバイトのストレージに対応して1000〜1万IOPSのプロビジョンを提供。SQL Serverの場合は7000 IOPSが上限となる。

 さらに近い将来、MySQLとOracleの既存のデータベースインスタンスをProvisioned IOPSストレージに自動的に移行させる手段を提供する。既存のRDSデータベースをただちにProvisioned IOPSストレージに移行させたい場合は、既存のデータベースインスタンスからデータをエクスポートして、Provisioned IOPSストレージに対応した新しいデータベースインスタンスにインポートすることも可能。

 RDS Provisioned IOPSではMulti-AZ、Read Replicas、Amazon Virtual Private Cloud (VPC)といったRDS機能もすべて利用できる。まず米国東部(バージニア州北部)と西部(カリフォルニア州北部)およびEU西部(アイルランド)で提供を開始し、数カ月以内にほかの地域でも提供を開始する計画だという。

 なおAWSはこれに先立ち、NoSQLデータベースやモバイル/ストリーミングアプリケーション向けの「High I/O Instances for Amazon EC2」や、ストレージサービスの「Amazon Elastic Block Store(EBS)」向けの「Amazon EBS Provisioned IOPSボリューム」などを発表し、高IOPSを求める用途向けのオプションを充実させてきている。

(@IT 鈴木聖子)

情報をお寄せください:

Server & Storage フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

営業デジタル化を加速するクラウド顧客獲得ツール「nocoセールス」でできること
営業の人的リソースが足りない組織が短いサイクルで顧客を効率的に獲得する仕組みを作る。

富士通の「デジタルセールス」が目指すこと
この連載のタイトルにあるように、富士通はインサイドセールスのことを「デジタルセール...

ナイキ vs アディダス Z世代の心をつかむアプローチの違い
有名人や人気ファッションブランドとのコラボに加え、環境や社会問題への取り組みなど、...