ルーティングテーブル

Routing Table

 ルーティングテーブルとは、ルータに記録される経路情報で、ルーティング処理を行う際に参照する。作成方法には、スタティックルーティングとダイナミックルーティングの2種類がある。

 あるネットワークの端末Aから別のネットワークの端末Bへデータを転送するとき、中継するルータは端末Bが所属するネットワークへ届けるための経路、つまりルートをルーティングテーブルから参照して転送する。

 スタティックルーティングとは、あらかじめネットワーク管理者が接続するネットワークのアドレスを設定する方法だ。一方のダイナミックルーティングとは、ルータ同士が経路情報をルーティングプロトコルによって交換し、自動でルーティングテーブルに設定する方法である。

 スタティックルーティングには、ルーティングプロトコルによるトラフィックが発生しないというメリットがある。しかし、転送先のルータに何らかのトラブルがあっても、管理者がルーティング先を変更しない限り、別の経路を選択して接続を維持することはしない。さらに、ネットワークが拡張すればするほど、ルーティングテーブルへの追加作業も増加し、煩雑になりがちだ。

 ダイナミックルーティングは、その点で自動的に経路情報やトラフィック情報を交換するため、障害が発生しても随時回避して接続性を維持できる。しかし、経路情報のやり取りが発生するため、多少のトラフィック増加を覚悟する必要がある。

関連記事

関連用語

リンク

Master of IP Network フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -
ソリューションFLASH