ルーティング

 送信元からあて先にパケットを送信するとき、最適なルートを経由して転送されるようにすること。ルータやレイヤ3スイッチなどのネットワーク機器で実行される。tracert/tracerouteのコマンドで経路の疎通などを確認できる。

 あて先に到達するまで複数の経路がある場合は、最短距離で到達できる経路が登録される。この経路の選択方法は「コストベース」のルーティングと呼び、距離ベクトルアルゴリズム(DVA:Distance Vector Algorithm)またはリンク状態アルゴリズム(LSA:Link State Algorithm)のいずれかの経路決定アルゴリズムによって計算される。

 ルーティングテーブルには、直接接続されているルータのIPアドレスとネットワークの情報が格納されている。これらの情報を手動で追加する方法を「スタティックルーティング」、RIPやOSPF、BGPなどのルーティングプロトコルを使用して動的に追加する方法を「ダイナミックルーティング」と呼ぶ。

 スタティックルーティングは、管理者がルーティングテーブルを変更しない限り、経路が勝手に追加されないため、セキュリティ上の不安は少ない。しかし、変更のたびに手動で設定しなければならず、大規模なネットワークには向いていない。

 一方のダイナミックルーティングは、自動で経路を追加するので管理負荷はかからないが、トラフィックに若干の影響を与えたり、高トラフィックの際に不安定になる可能性がある。

Master of IP Network フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -
ソリューションFLASH