SMTP

エスエムティーピー / Simple Mail Transfer Protocol

 RFC821で定義されているTCP方式のプロトコルのひとつで、電子メールの送受信に使う。使用するポート番号は25。インターネットメールではSMTPでメールサーバまでメールを運び、PCでメールサーバからメールを取り出す時はPOPやIMAPといったプロトコルを使う。

 ユーザーがメールの送信を要求すると、SMTP送信装置がSMTP受信装置であるサーバとの間にTCPコネクションを確立し、明確に定義されているコマンド/応答セットによりメール項目が受信側に転送される。同一ネットワーク内であれば直接コネクションを確立するが、直接配信ができない場合には中間システムを利用して転送できる。

 コネクションが確立すると、通信相手を確認する簡単なメッセージ交換を行い、送信側ホスト名を示すHELO、送信プロセスを開始するMAIL、メールの受信者を指定するRCPTといったコマンドを送信し、メッセージデータの送信開始を指示するDATAコマンドを送信してメッセージを送信する。データの転送が終了したら、QUITコマンドを送信してコネクションを終了する。

HELO 送信側のホスト名を受信側に示す
MAIL メールメッセージの送信者を示す。使用すべき逆パスを表示する
RCPT 受信者を示すことにより、その受信者への順パスが記録される
DATA DATAコマンドに続く内容は受信側でメールメッセージそのものとして扱われる
SEND ユーザーが直接配信すべきメールメッセージを送るために使用する
RSET 現在のメール処理を中止し、保存された送信者、受信者、メールデータをすべて削除してリセットする
QUIT 受信側ホストに、OK応答を送信して通信チャネルを閉じるように示す
主なSMTPコマンド

関連記事

関連用語

リンク

Master of IP Network フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -
ソリューションFLASH