SSL

エスエスエル / Secure Sockets Layer

 WebブラウザとWebサーバ間の通信の暗号化となりすましを防ぐ、セキュリティプロトコル。トランスポート層に位置する。Netscape Commucationsが開発したプロトコルだが、IETFでTLS(Transport Layer Security)として標準化された後も、TLSも含めてSSLと呼ばれる。

 公開鍵暗号や秘密鍵暗号、デジタル証明書、ハッシュ関数などのセキュリティ技術を組み合わせて、サーバ/クライアント間でのユーザー認証、通信の暗号化を行う。SSLを利用したWeb用のプロトコルが、HTTPS(Hypertext Transfer Protocol Security)。Web以外にも、telnetやFTPなどと組み合わせることができる。

 SSLは、ネゴシエーションとデータ通信の2段階を経て動作する。まず、通信相手の確認や利用する暗号方式の確認し、暗号鍵の交換を行う。ネゴシエーションが完了したら、その結果に基づいて暗号化したデータ通信を開始する。

 Netscape Navigatorだけでなく、Internet Explorerでも採用されていることから、Webにおける暗号化のデファクトスタンダードになっている。WebにSSLが使われているかどうかは、「https://〜」や鍵のアイコンなど、Webブラウザ上の表示で分かるようになっている。

関連記事

関連用語

リンク

Master of IP Network フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -
ソリューションFLASH