検索
ニュース

Oracle、「Java 17」をリリース最新の長期サポート版

Oracleはプログラミング言語と開発プラットフォームである「Java」の最新版「Java 17」と、Java開発キット「Oracle JDK 17」の一般提供を開始した。ライセンス条件の変更により、企業はOracle JDKを少なくとも3年間、無料で利用できるようになった。

Share
Tweet
LINE
Hatena

 Oracleは2021年9月14日(米国時間)、プログラミング言語と開発プラットフォームである「Java」の最新版「Java 17」と、Java開発キット「Oracle JDK 17」の一般提供を開始した。

 Java 17ではパフォーマンスや安定性、セキュリティを高める数千の改良が施されている。開発者の生産性向上に向けたJava言語とプラットフォームについて、14の機能強化と変更が行われている。これらの機能強化と変更はJEP(JDK Enhancement Proposal:JDK拡張提案)で定義されている。

 Java 17は6カ月ごとのリリーススケジュールに従った8番目の機能リリースであり、3年ごとにリリースされる「長期サポート(Long Term Support:LTS)」リリースの最新版でもある。

 OracleはJava 17について、「OpenJDK CommunityやJava Community Process(JCP)を通じた、Oracleのエンジニアと世界中のJava開発者コミュニティーメンバーによる広範な協力の成果」と述べている。JDKの前のLTSリリースである「JDK 11」以来、70以上のJEPが実装されているという。

 Java 17とOracle JDK 17は、OracleのCPU(Critical Patch Updates)スケジュールに従って少なくとも8年間(2029年9月まで)、生産性や安定性、セキュリティに関する更新プログラムが提供される。

LTSのリリースサイクル変更とJDKライセンスの簡素化

 OracleはLTSリリースの今後のリリース間隔を3年間から2年間に短縮する計画を発表している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Java Agile 記事ランキング

ページトップに戻る