連載:〜ScottGu氏のブログより〜

MSDNライブラリの変更をプレビュー

Scott Guthrie 著/Chica
2010/06/18

 本記事は、Microsoftの本社副社長であり、ASP.NETやSilverlightなどの開発チームを率いるScott Guthrie氏のブログを翻訳したものです。氏の許可を得て転載しています。
【元記事】 Preview of MSDN Library Changes (2010/06/15)

 MSDNチームは、オンラインのMSDNライブラリのナビゲーションを能率的に行えるように、そして必要な.NET Frameworkの情報を簡単に見つけられるようにするために、いくつかの潜在的な変更に現在取り掛かっています。

 彼らは、まだ開発途中ですが、提案中の変更に対するフィードバックをいただくために、新しいMSDNライブラリのプレビュー用サイトにいくつかの提案中の変更がされているプレビュー版を投稿しており、それをチェックできます。また、それらのアイデアを紹介し、その変更のいくつかについての意見を聞くためのアンケートも作成しています。わたしたちはできるだけ多くの人にそのアンケートに回答いただき、フィードバックいただきたいと思っています。

[ブログに加え、現在Twitterを使って簡単な更新やリンク共有を行っています。twitter.com/scottguで、わたしをフォローしてください。]

いくつかの変更の簡単なプレビュー

 以下は提案されている変更のいくつかの例です。

■簡素化された.NET名前空間ナビゲーション

 現在のMSDNクラス・ライブラリには、すべての.NET名前空間がフラットな名前空間として一覧化されています(アルファベット順)


図1

 上記の方法では2つのマイナス面があります。

  • いくつかの使用頻度の少ないものが最初に一覧されます(Microsoft.Aspnet.Snapin名前空間、Microsoft.Build.BuildEngine名前空間など)
  • すべてのサブ名前空間が一覧されていて、それがリストを少し圧迫しており、ページのロードを遅くしています

 新しいMSDNライブラリ・プレビュー・サイトは現在、“System”名前空間を最初に一覧化し(これらが最もよく使用されるため)、そのホームページではトップレベルの名前空間グループだけを一覧化しています。これにより探しているものが簡単に見つかり、ページのロードも速くなります。


図2

■各クラスのクラス概略とメンバのページをマージして1つのトピックに

 以前は型に関するメンバ情報をいくつかの異なるページを行き来して探さなければなりませんでした。


図3

 それらへのリンクはまだMSDNライブラリ・プレビュー・サイトの目次で利用可能ですが、メンバも現在は概略ページに一覧化されており、1カ所で簡単にすべてを素早く見つけられるようになりました。


図4

■よく使用されるものはページの上部近くに

 新しいMSDNライブラリ・プレビュー・サイトのそのほかの利便性改善の1つは、“コード例”や(クラスの)“継承階層”のような共通の要素が、ヘルプ・ページの上部近くに現在一覧化されており、簡単に素早く見つけられる点です。


図5

アンケートでフィードバックをお願いします。

 上記は、新しいMSDNプレビュー・サイトに行われた変更の中のほんの数個です。ほかにも適応される多くの変更があります。MSDNチームは現在、新しいレイアウトとナビゲーションについて利便性の調査を行っている最中ですので、そのフィードバックをぜひいただきたいです。

 公開用のMSDNサイトへ適応させる案について、15分間かけて投票いただける場合、6月30日までにこのアンケートに参加していただき、少しそれらの変更を確認していただき、あなたの考えをMSDNチームに教えてください。

重要な注意:MSDNプレビュー・サイトは完全に機能しているMSDNではありません。それらの新しい案だけをプレビューするためだけにあるものですので、今後残りのMSDNと統合するのか、また検索できるようになるのかなどは期待しないでください。MSDNチームはいくつかの提案中の変更に対してフィードバックをもらうと、それらは公開サイトに適用して、誰もが使用できるようにする予定です。

 Hope this helps,

 ScottEnd of Article

   
 
インデックス・ページヘ  「〜ScottGu氏のブログより〜」


Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Insider.NET 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH