Microsoft.NETが目指す次世代情報環境とは?

5.次世代インターネットの主導権を握るのは誰か?


デジタルアドバンテージ 小川誉久
2000/11/15

Page1 Page2 Page3 Page4 Page5 Page6

 以上、マイクロソフトが次世代インターネットに向けて提唱するビジョン、Microsoft.NETのほんのさわりを説明してきた。霧がすっきりと晴れたとはいかないまでも、インターネットを利用した情報サービスが、大きな変革期を迎えようとしていることはご理解いただけただろう。

 今回説明したXMLやSOAP、WSDL、UDDIなど、Web Serviceのインターフェイスはすべて標準仕様のもので、これらの規約さえ守られていれば、特定のプラットフォームや開発ベンダに依存することなく、相互に自由に情報交換が行えるはずだ。しかし筆者を始め、読者の多くは、このようなうたい文句を疑いの目で見ているに違いない。たとえば標準仕様であるはずのHTTP/HTMLインターフェイスであっても、細部まで突き詰めれば、微妙な互換性問題などは掃いて捨てるほどある。標準と言いながらも、あれだけ激しく仕様拡張がなされれば、そうした問題が起こるのはむしろ当然だろう。

 標準化に名を借りたベンダ間の小競り合いは、現実には今回ご紹介した次世代インターネット向けのインターフェイスにおいても繰り返されるものと思われる。企業というのは、市場を独占せんがために日夜活動している存在なのだから、それはやむを得ないことだろう。それでも、完全にクローズだった昔の環境に比べれば、相互運用ははるかに容易だし、つぶしも効くようになった。

 マイクロソフトは、PC市場を席巻したWindows OSとOfficeアプリケーションの影響力を、次世代インターネットにも拡大することができるのか? この大いなる疑問への鍵を握るのは、実はプログラマである読者なのかもしれない。おもしろい時代になってきたではないか。

 

 INDEX
  [特集]Microsoft.NETが目指す次世代情報環境とは?
     1.インターネットの過去・現在・未来
     2.HTTP/HTMLからSOAP/XMLへ
     3.マイクロソフトが提唱する次世代インターネット・ビジョン、Microsoft.NET
     4.Web ServiceとWeb Application、Microsoft.NETの関係
   5.次世代インターネットの主導権を握るのは誰か?

 



Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Insider.NET 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH