ICDロゴ

ビットレート (bit rate)

最終更新日: 2001/05/14

 バイナリとしてコード化されたデータを転送する速度。通常は1秒あたりに転送可能なビット数(bits/sec)を単位とする。

 あるデバイスから他のデバイスへ(たとえば、DVDドライブからコンピュータ本体へ)、あるいは、あるコンピュータからネットワークを介して他のコンピュータへデータを転送するような場合、一定時間に送信できるデータ量は、伝送路のバンド幅によって左右される。たとえば、大量のデータをリアルタイムに送信する必要がある動画像転送では、この伝送路のバンド幅がネックとなることが多い。そこでMPEG-1やMPEG-2などの動画像圧縮技術では、送信元で動画像をリアルタイムに圧縮して、低ビットレートでも相手に送信できるようにし、受信側でデータを復元するようにしている。特にMPEG-2では、VBR(Variable Bit Rate。可変ビット レート)と呼ばれる圧縮法が考案され、シーンの複雑さによってビット レートを増減させ、画像の品質が一定になるように工夫している(動画像圧縮では、シーンからシーンへの差分を情報として使用しているため、変化量が多いほどデータ量が増加するという特徴がある)。

Copyright (C) 2000-2007 Digital Advantage Corp.

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -