デルとユニアデックス、データセンターの環境アセスメントとファシリティ構築で協業

2006/2/14

 デルとユニアデックスは2月13日、「データセンター環境アセスメント・サービス」と「ファシリティ構築サービス」の提供で協業すると発表した。

 この協業で提供されるサービスは、デルの大規模高集積型サーバシステムを導入設置する顧客に対し、同社の技術コンサルティング部門「デル・プロフェッショナル・サービス(DPS)」が窓口となってデータセンター環境のアセスメントを行い、ユニアデックスが電源・空調などの設備インフラ構築に伴う設計、施工、保守の各サービスを行うというもの。

 近年、導入が進むブレードサーバは、局所的な冷房能力と大容量電力を必要とし、データセンターにおける設備インフラのファシリティマネジメントが重要となっていることから、データセンター構築のコンサルティング・設計・施工・保守を一貫して提供する。

[関連リンク]
デルの発表資料
ユニアデックスの発表資料

[関連記事]
コンサルティング・サービスにセキュリティを追加、デル(@IT)
デルが乗り越える「ブレードサーバが普及しない理由」(@IT)
扇風機があるデータセンターはイヤ、HPとNTTファシリティーズ(@IT)
デル、企業向けコンサルティング事業(@IT)


- PR -

「ITmedia マーケティング」新着記事

コカ・コーラ vs. ペプシ マーケティング視点で振り返る「コーラ戦争」の歴史
長年の間ライバル関係にある2つのブランドが、メタバースにおいて新たな局面を迎えている...

世界最強パスポートランキング2022年版発表 日本の順位は?
今回は、ビザなしで入国できる国の数をランキングで紹介しましょう。

メルマガ閲覧時間は「1分以内」が約7割――ユミルリンクとライトアップが共同調査
マーケティングにおける重要なプッシュツールであるメールマガジンについて、受け取る側...