Hyper-Vはベータ版、正式版は8月に

Windows Server 2008パッケージ版が4月16日発売、店頭イベントも

2008/04/08

 マイクロソフトは4月8日、サーバOS「Windows Server 2008 日本語版」のパッケージ販売を4月16日に始めると発表した。また、当初はベータ版として提供する仮想化技術「Hyper-V」の正式版を2008年8月にリリースすることも明らかにした。

windows01.jpg

 Windows Server 2008 日本語版のボリュームライセンス版は3月1日に提供を開始している。パッケージ版で提供開始するのは「Standard」(5CAL付)、「Enterprise」(25CAL付)、「Windows Web Server 2008」、そして「5CAL」。パッケージには32ビットと64ビットのDVDメディアがそれぞれ含まれ、ユーザー環境に合わせていずれかのDVDメディアでインストールする。

 価格はStandardが18万8000円(税込)、Enterpriseが72万円、Web Server 2008が8万5800円、5CALが3万2600円。StandardとEnterpriseにはHyper-Vのベータ版が含まれる。マイクロソフトは東京・秋葉原のヨドバシカメラマルチメディアAkiba、東京・有楽町のビックカメラ 有楽町本館で4月18日に発売記念イベントを行う。

(@IT 垣内郁栄)

情報をお寄せください:

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

ECサイトのライブコマース連携を簡単に 「MakeShopエンタープライズプラン」が「ライコマ」と連携
「MakeShopエンタープライズプラン」を利用するEC事業者は、初期開発費用不要で「ライコ...

金融デジタルサービス利用実態、世代間で異なる重視ポイント――アドビ調査
金融デジタルサービスの利用においては利便性を重視するデジタルネイティブに対し、50代...

戦略の実行 愚直に施策を積み上げ、高速PDCAを回し続ける
強いリーダーシップの下で課題をしっかりと把握し、戦略を策定したら、いよいよその実行...