ヤマハとトレンドマイクロが協業

SOHO向けルータ「SRT100」で端末のセキュリティチェック

2008/12/16

 ヤマハとトレンドマイクロは12月16日、中小企業のセキュリティ強化を目的に協業することを発表した。ヤマハのファイアウォールルータ「SRT100」と、トレンドマイクロの法人向けセキュリティ対策ソフトを連携させ、クライアントで適切に対策が取られているかどうかをチェックし、適合しない端末の外部接続をブロックできるようにする。

 SRT100はSOHOや中小拠点を対象とした小型ルータ。ルーティングやファイアウォール、VPNといった機能に加え、ポリシーに基づいてコネクション単位で通信を制御する「ポリシーフィルタ」、P2Pファイル共有ソフトの通信をブロックする「Winnyフィルタ」「Shareフィルタ」といったセキュリティ機能を備えている。サードパーティ製のURLデータベースと連動したWebフィルタリングも可能だ。

 トレンドマイクロとの協業では、企業向けセキュリティ対策ソフト「ウイルスバスター 8.0」もしくは「TrendMicro ビジネスセキュリティ 5.0」と連携。2009年1月中に提供予定のSRT100の向けファームウェアでは、これらセキュリティ対策ソフトの管理サーバと連携し、LAN側の端末に対策ソフトが導入されているかどうか、またパターンファイルが最新であるかどうかを確認する「ポリシーチェック機能」が実装される。ポリシーに反するクライアントについては外部へのHTTP接続をブロックすることで、Web経由のマルウェア感染や情報漏えいを防ぐ仕組みだ。

 両社は、クライアントに新たなエージェントなどを導入したり、既存のネットワークに変更を加えることなく導入できること、導入後は設定のアップデートが不要なことなどが特徴だとしている。ヤマハは今回の協業により、今後1年間でSRT100の3000台の販売増を見込む。

yamaha01.jpg

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:



Security&Trust フォーラム 新着記事
- PR -

注目のテーマ

Security & Trust 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH