ノード数は約24万

Winny利用者は引き続き減少傾向、ネットエージェント

2009/01/07

 ネットエージェントは1月7日、WinnyをはじめとするP2Pファイル共有ソフトの年末年始のノード数推移を実数で公表した。調査対象はWinny、Share、LimeWire/Cabosで、対象期間は2008年12月27日から2009年1月4日まで。各P2Pネットワークをクロールして、接続ノードの情報を収集した。

 調査によると、最も利用者が多いのはWinnyで、観測できたノード数は期間中の平均で約24万ノード。これは前年同期比80%で「緩やかながらも利用者の減少傾向が続いている」(ネットエージェント)という。同社が公開している過去の計測データによれば、2006年末と2007年末の比較では1〜2割減となるなど、減少を続けている。

winny01.png 出典:ネットエージェント

 一方、Shareのノード数は平均約17万ノードで、前年同期比で110%程度の増加となっているという。

 北米やヨーロッパ諸国などで利用者が多いLimeWire/Cabosについては、調査期間中の平均ノード数は約260万と、Winny利用者数の10倍以上の大きなネットワークを形成しているという。

 なお、同社は1月5日に「情報漏えい初期対応ガイド」を無償公開している。

winny02.png 出典:ネットエージェント

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:



Security&Trust フォーラム 新着記事
- PR -

注目のテーマ

Security & Trust 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH