日本語対応のメンテナンスパック2をリリース

Windows Server 2008にも「カスペルスキー」

2009/02/25

 カスペルスキーラブスジャパンは2月24日、Windows Server 2008にも対応する「Kaspersky Anti-Virus for Windows Server Enterprise Edition 6.0」の初の日本語対応版となる、メンテナンスパック2(ビルド6.0.2.556)をリリースしたと発表した。

 Kaspersky Anti-Virus for Windows Server Enterprise Edition 6.0は高負荷のかかる企業向けサーバに特化した製品で、64ビット版を含むWindowsサーバ製品ファミリ上で稼働する。カスペルスキーの管理ツールである「Kaspersky Administration Kit」や、Microsoft Management Consoleを利用して一括インストール/管理を行うことが可能。

 Kaspersky Anti-Virus for Windows Server Enterprise Edition 6.0はカスペルスキーの法人向け製品スイート「Kaspersky Enterprise Space Security」などに含まれる。メンテナンスパック2はカスペルスキーラブスジャパンからダウンロードできる。

(@IT 宮田健)

情報をお寄せください:



Security&Trust フォーラム 新着記事
- PR -

注目のテーマ

Security & Trust 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH