すでにダウンロード可能

Google Chromeがさらに高速に、新ベータが登場

2009/03/18

 米グーグルは3月17日、Webブラウザ「Google Chrome」の新ベータ版を発表した。新ベータの最大の特徴はスピードアップで、グーグルの発表によると現在の安定版と比べて25〜35%の速度向上が見込めるという。

 グーグルは昨年12月、最初にリリースしたChromeのベータを外し、正式版に昇格させた。以降グーグルは安定版と開発者向けの2つのラインでChromeを開発してきたが、今回「ベータ版」を再び設けた。ベータ版は開発者、ユーザーから早期のフィードバックを得るのが目的。新ベータ版はすでにWebサイトからダウンロードできる。1台のPCで安定版との併用はできない。

chrome01.jpg
chrome02.jpg 新ベータと現在の安定版、従来のベータとの比較

 新ベータ版は現在の安定版と比べて、V8ベンチマークで25%、Sunspiderベンチマークでは35%のスピードアップを実現。Chromeの旧来のベータと比べると約2倍の速度向上が見込めるという。また、フォームの自動補完入力機能や、WebKit最新版の機能を取り込んだフルページズームと自動スクロールを実装。タブをドラッグしてページを見開きで並べる機能などを追加している(下記動画参照)。

関連リンク

(@IT 垣内郁栄)

情報をお寄せください:

HTML5 + UX フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

2021年ホリデーシーズンにおける米国オンライン消費額、サプライチェーン危機にもかかわらず過去最大を更新
「Adobe Digital Economy Index」によると、米国の2021年のホリデーシーズンにおけるオン...

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2022年1月)
今週は、パーソナライゼーション製品の国内売れ筋TOP10を紹介します。

オンライン商談システム市場 2020年度は前年度比倍増――ITR調査
コロナ禍によるオンライン商談需要の急増で市場が急拡大。訪問営業減少の影響が鮮明に表...