3社の統合仮想化パッケージは社外クラウドとの連携も視野に

シスコ、EMC、ヴイエムウェアの「Vblock」はどこが新しいか

2010/02/09

 シスコシステムズ、EMC、ヴイエムウェアが、3社による仮想化/クラウド環境パッケージの国内発売を発表した。これは米国で3社が2009年11月に実施したVCE(Virtual Computing Environment)連合の発表を受けたもの。シスコにとっては、同社サーバ・ハードウェア「Unified Computing System」の国内展開に関する初めての具体的な国内発表でもある。

vce01.jpg それぞれの分野における強者同士の連合によるワンストップ・ソリューションだと3社は説明する。同時に、これは排他的な関係ではないと強調している

 米国発表に関する記事ですでにお伝えしたように、3社はお互いの製品を組み合わせた仮想化環境の統合パッケージ「Vblock Infrastructure Package」(Vblock)を展開する。仮想化環境の規模別に3つのパッケージ(中小規模環境向けの「Vblock 0」の発売は米国発表待ち)を提示しているが、実際の構成は導入先の規模やニーズに合わせてカスタマイズする。

vce02.jpg Vblockには3種のパッケージが設定されているが、それぞれの構成は固定化されているわけではない

 日本では販売パートナー経由の販売が主体となる。パートナーはVblockを構成する3社の製品を各社から別個に仕入れ、ユーザー企業の導入環境に合わせて構成済みの状態で納入する。現時点での販売パートナーとしては、アクセンチュア、伊藤忠テクノソリューションズ、新日鉄ソリューションズ、東芝ソリューション、日本ビジネスシステムズ、ネットマークス、ネットワンシステムズ、ユニアデックスの名が挙がっている。3社は、販売パートナーを今後さらに拡大するという。

 EMC、シスコ、ヴイエムウェアの3社は、それぞれVblock専門の部隊を用意、これらが仮想的に単一のチームを構成することで、プリセールスからサポート、プロフェッショナル・サービスまで、パートナーおよびユーザー企業への一貫した統合的な対応を行う。

 しかし、IBM、日立、富士通、NECなど、国内外のシステムベンダがすでに販売している仮想化環境パッケージと、今回のVblockとはどこが違うのだろうか。これらのシステムベンダもサーバやストレージを仮想化ソフトウェアと組み合わせ、事前に検証・構成済みのパッケージとしてユーザーに提供し、サポートも一括して行っている。仮想化ソフトウェアは通常、これらベンダの製品ではないが、ハードウェアや管理ツールについては1社で一括サポートができる。

 Vblockの製品面での差別化ポイントは、ポリシーベースの統合的な管理環境と、社内・社外のクラウド間の連携にあるといえる。

 Vblockには、EMCによる「Ionix Unified Infrastructure Manager」(UIM)という管理ツールが付属する。これがシスコの「UCS Manager」、EMCの「Symmetrix Management Console」「Navisphere」、ヴイエムウェアの「vCenter」と通信し、統合的なクラウド運用管理環境として機能する。ここまでは他社の仮想化環境パッケージと大きく異なるものではない。異なるのは、このUIMがネットワーク設定も含めて、ビジネス観点からの、あるいはポリシーベースの管理・監視を実現するという点だ。

vce03.jpg UIMは3社の製品それぞれの管理ツールと連携し、ポリシーベースの運用基盤を提供する

 ポリシーベースの管理とは、プロビジョニングしたいアプリケーションの要件を仮想マシン数やストレージ容量、サービスレベル、セキュリティ設定などのIT要件に翻訳し、これに沿ったストレージ、サーバネットワーク構成などのテンプレートを適用することによって、半自動的に展開できる機能を意味する。

vce04.jpg 個々の仮想マシンをその場その場で構成していくのでなく、アプリケーション要件に合わせた設定の自動的な適用を進める

 ここで役立つのがヴイエムウェアの「vApp」と、シスコがヴイエムウェアと共同で開発した「Nexus 1000V」だ。

 vAppでは、仮想マシン群のOVFパッケージにCPUやメモリ、ネットワークなどの構成要件情報を付加できる。この仕組みを活用することで、ポリシーベースの仮想マシンプロビジョニングが可能になる。

 一方、Nexus 1000VはVMware ESXにインストールする仮想スイッチソフトウェアで、仮想マシン単位のVLAN設定やQoS設定を、複数のVMware ESXホスト間にまたがる形で適用できる。シスコのネットワーク製品と連携できる利点がある。

 さらにヴイエムウェアが推進しているvCloud APIがある。vCloud APIは、VMware vSphereをベースとした社外クラウドサービスへのvAppのアップロード/ダウンロードや運用、仮想アプライアンスのカタログ化などの機能を提供するAPIだ。UIMがこれに対応した機能を備えることで、ユーザー企業が社内クラウド環境と、社外クラウドサービスを統合管理できるようになる。vAppによってポリシーを伝達することで、社外クラウドサービス利用時に、社内のIT要件を半自動的に適用することもできる。社外クラウドサービス上でのセキュリティの確保も自動化できる。

 社内クラウド環境と社外クラウドサービスの統合的な運用というシナリオは、現時点でも例えばディザスタリカバリ(災害復旧対策)のような用途で、十分に想定できる。ヴイエムウェアがディザスタリカバリのために提供しているツール「Site Recovery Manager」はストレージの複製機能を必然的に利用するし、シスコのWAN最適化/負荷分散製品との連携も望まれる。こうした形で、Vblockは将来的に3社の多様な製品を組み合わせた、より広範なソリューションに発展していく可能性がある。

(@IT 三木泉)

情報をお寄せください:

Server & Storage フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

クラウドファンディングを活用して広告出稿 MOTION GALLERYと電通が「AD MISSON」を提供開始
自己資金は乏しくても共感性が高く社会貢献の見込めるプロジェクトが情報発信できるため...

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...