センサーの追加でスループットを拡張

マカフィー、最大80Gbpsまで拡張可能な新IPSを発表

2012/07/19

 マカフィーは7月19日、負荷分散機能を備えた不正侵入防止システム(IPS)「McAfee Network Security Platform XC-240 Load Balancer」(XC-240 Load Balancer)を発表した。「McAfee Network Security M-8000XC Sensor Appliance」(M-8000XC Sensor)と組み合わせることで、データセンターをはじめ、高いパフォーマンスが要求される環境に20Gbpsから最大80Gbpsの性能を提供するという。

 McAfee Network Security Platformは、かつて「IntruShield」の名称で販売されていたIPS製品だ。シグネチャやビヘイビア分析を用いてワームやボットといったマルウェアや不正アクセス、P2P通信などを検知し、ネットワークをリアルタイムに防御する。

 新製品のXC-240 Load Balancerは、「XC Cluster」という負荷分散機能によって、必要に応じてスループットを拡張できることが特徴だ。M-8000XC Sensorを2台から最大8台まで追加することで、環境に応じたパフォーマンスを提供できる。

 また、オプションとして提供される仮想アプライアンス「McAfee Network Threat Behavior Analysis(NTBA)Virtual Appliance」を組み合わせれば、スイッチやルータから得られるフローデータやNetwork Security Platformからの情報を基にネットワークトラフィックの状況を可視化できる。これにより、未知の攻撃やアプリケーションレベルの攻撃を検出しやすくなるという。

 XC-240 Load Balancerの価格は675万円で、Network Security Platformのサポート料金は年額135万円。NTBA Virtual Applianceは無償でバンドルされる。7月20日から販売を開始する。

関連リンク

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:



Security&Trust フォーラム 新着記事
- PR -

注目のテーマ

Security & Trust 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH