Androidアプリのプライバシーリスクも評価

トレンドマイクロ、プライバシー保護に配慮した対策ソフト新版

2012/08/30

 トレンドマイクロは8月30日、コンシューマー向けセキュリティソフト「ウイルスバスター クラウド」の最新版と、Android OSを搭載したスマートフォン/タブレット端末向けセキュリティソフト「ウイルスバスター モバイル for Android」の最新版を発表した。ソーシャルネットワークやモバイルデバイスの普及を背景に、プライバシー保護に配慮した機能を追加していることが特徴だ。

 同社取締役副社長 大三川彰彦氏は、「ソーシャルメディアの普及によって、思わぬところで思わぬ危険にさらされる状況が発生している。そうした不安を簡単に解消させたい」と述べた。

 ウイルスバスター クラウド 最新版は、新たに「Facebookプライバシー設定チェッカー」を追加した。Facebookでは、設定の不備などにより、意図せずプライベートな情報を不特定多数に公開してしまうこともある。Facebookプライバシー設定チェッカーは、Facebookの設定を確認し、「知り合い以外からはメッセージは受け取らない」など、プライバシー保護の観点から推奨される設定をアドバイスする。同時に、SNSで表示されるURLの安全性を表示する「SNSプロテクション」を強化し、FacebookやTwitter、mixiに加え、google+やLinkedIn、pinterestにも対応した。

trendmicro01.jpg 新機能の「Facebookプライバシー設定チェッカー」

 また、クラウドベースの脅威情報データベース「Smart Protection Network」(SPN)を利用したアンチウイルス機能も強化した。ユーザーから提供される情報に基づいて、ファイルの分布、拡散状況を把握してリスクを評価する「コミュニティ・インテリジェンス」を、ファイルレピュテーションやホワイトリストと組み合わせ、「マルウェア検出の精度と、未知の不審なファイルの検出精度の向上を図っている。シグネチャが用意されていないものについても、クラウドとローカルの組み合わせで分析し、危険性を警告する」(同社プロダクトマネージャ 塩田行宏氏)という。

trendmicro02.jpg ウイルスバスター モバイル for Androidの「プライバシースキャン」

 さらに、10月発売予定のWindows 8にも対応。Windows 8のセキュアブートに対応し、不正プログラムの実行を防ぐ仕組みを実装するほか、Modern UI(Metro)でも、従来同様、Webレピュテーションによる不正なサイトへのアクセスをブロックする仕組みを提供する。さらに、「セキュリティ脅威マップ」や「セキュアブラウザ」といったModern UI向けの専用アプリも提供する予定だ。

 一方ウイルスバスター モバイル for Androidは、ユーザーに無断で個人情報を抜き取る不正なアプリが増加している背景を踏まえ、「プライバシースキャン」機能を追加した。プライバシースキャン機能では、SPNの1つであるモバイルアプリ評価システム「Trend Micro Mobile App Reputation」(MAR)と連携するほか、静的解析やサンドボックスによる動的解析を通じてアプリの動作を解析。携帯電話の識別番号や位置情報、写真/動画や連絡先など、スマートフォンの内部に保存されている端末情報/個人情報を収集する可能性があると、3段階で警告を表示する。

 「アプリをインストールする際にはパーミッションについてのメッセージが表示されるが、一般にこれを理解するのは難しい。また、同意しないとアプリが使えないこともあって、読み飛ばしてしまうのが現実」(同社プロダクトマネージャ 石橋達司氏)。プライバシースキャン機能によって、どのアプリが、どういった情報を収集/利用しようとしているかを分かりやすく表示することで、プライバシーに関するリスクをユーザーに伝えていくという。

 ウイルスバスター クラウドの価格は、ダウンロード版は4980円(1年版)、パッケージ版は5980円(1年版)。ウイルスバスター モバイル for Androidはオープンプライスだが、参考価格は1年版で2980円となっている。

関連リンク

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:



Security&Trust フォーラム 新着記事
- PR -

注目のテーマ

Security & Trust 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH