特集
Windows Azure開発入門(後編)

Windows Azureクラウド・サービスの配置/運用

デジタルアドバンテージ 一色 政彦
2009/02/17
Page1 Page2 Page3 Page4

クラウド・サービスの配置

 VS 2008でVSクラウド・プロジェクトを開き、[ソリューション エクスプローラ]で「Cloud Service」(クラウド・サービス)のプロジェクト項目を右クリックし、表示されるコンテキスト・メニューから[発行]を実行する。

 これにより、ビルド処理とパッケージ化処理が実行され、.cspkgファイルと.cscfgファイルが生成され、次の画面のようにWindowsエクスプローラが表示される。

Windowsエクスプローラに表示された.cspkgファイルと.cscfgファイル

 それと同時に(Webブラウザが立ち上がり)Azureポータルも表示されるので、展開先のWAクラウド・プロジェクトを開き(前掲の「完成したWAクラウド・プロジェクト」の画像を参照)、そのステージング(Staging)側の[Deploy]ボタンをクリックする。これにより次の画面が表示される。

クラウド・サービスのWindows Azureへの配置

 [App Package]カテゴリでは[Upload a file from your local storage]ラジオボタンにチェックを入れた状態で[Browse]ボタンをクリックして、(表示される[開く]ダイアログで)先ほどの.cspkgファイルを選択する(ちなみに[Use a file from an Azure Storage account]というのはWindows AzureストレージのBlob上にアップロードした.cspkgファイルを選択できる機能だ。Blob上にアップロードする方法は、「Windows Azureクラウド・サービス+.NETクライアントの例」の「ポイント2. Windows Azureストレージの開発ではツールを活用する」の項を参照されたい)。

 [Configuration Settings]カテゴリも同様の手順で、先ほどの.cscfgファイルを選択する。

 [Properties]カテゴリの[Provide a label for the deployment:]には分かりやすくてバージョン管理に役立つラベル名を付ける。

 最後に[Deploy]ボタンをクリックすると、配置が開始される。

 配置が完了すると、次のようなページが表示される。この状態(=ボタンの下にあるステータス表示が「Allocated」になっている状態)で[Run]ボタンをクリックして実行を開始する。

Windows Azure上でのクラウド・サービスの実行開始

 実行開始が完了すると、「 Allocated」というステータスの表示が「 Started」に変わる(表示は定期的に自動更新されているので、ページを何度もリロードする必要はない)。ステータスの表示が「 Initializing」の場合はまだ初期化中なので待ってほしい。実行開始までの所要時間は、筆者の経験では10分程度(Azureポータルが登場したころは、30分〜数時間かかった記憶があるが、徐々に速くなってきているように感じる)。

 「 Started」になったのを確認して、[Web Site URL:]の下のリンクをクリックしてみてほしい。Webサイトが表示される(DNSサーバのためか、なかなか表示されないこともあるので、その場合は数分程度時間を置いて再度実行してみてほしい)。

 以上で、検証用であるステージング(Staging)環境への配置は完了だ。

ステージング(Staging)から製品(Production)への切り替え

 ステージング環境での動作が問題なければ、それを製品(Production)環境へ切り替える。これは本当に簡単だ。次の画面のように中央の をクリックするだけだ。クリックすると、「本当に本番に切り替えてもよいか?」という趣旨の確認メッセージボックスが表示されるので[OK]ボタンを押す。

中央のをクリック
ステージングから製品への切り替え

 この切り替えにも数分間程度かかることがあるので、その場合はしばらく待ってみてほしい。なお、実行を一時停止するには[Suspend]ボタンをクリックすればよい。実行を一時停止すると[Delete]ボタンが有効になり、配置済みのクラウド・サービスを削除できる。[Configure]ボタンは下記のコラムで説明している。

【コラム】Azureポータルでの.cscfgファイルの編集

 配置後にクラウド・サービスの挙動を変更したい場合には、Azureポータル上の[Configure]ボタンから.cscfgファイルの内容を変更すればよい。

 具体的には、例えば、急激にアクセス数が増大してパフォーマンスが劣化してきたら、[Configure]ボタンから.cscfgファイルの<Instances>要素のcount属性の値(=仮想マシンのインスタンス数)を調整して、柔軟にパフォーマンスを最適化するといったことができる。

 実際に[Configure]ボタンをクリックすると、次のページが表示される。ここから.cscfgファイルを編集したり、再アップロードしたりできる。

サービス構成の調整(Service Tuning)ページ
[Configuration Settings]の下にテキストボックスを編集し[Save]ボタンをクリックする。


 INDEX
  [特集] Windows Azure開発入門(前編)
  無償開発環境で試すWindows Azureクラウド開発
    1.Windows Azure開発環境の構築
    2.WebロールのWindows Azureクラウド・サービスの作成
 
  [特集] Windows Azure開発入門(後編)
  Windows Azureクラウド・サービスの配置/運用
    1.Azure Services Developer Portalでのプロジェクト作成
    2.クラウド・サービスの構成
  3.クラウド・サービスの配置
    4.Windows Azure/Azure Services Platformの利用申請
Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

.NET未来展望台

未来展望台コーナースポンサーからのお知らせ


- PR -
- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

AI活用で日本が米国に追い付く――PwC調査
PwC Japanグループが日本で実施した調査の結果から、日本企業によるAI活用が大きく進み、...

SaaS企業の成功メソッド「PLG」を実践するための組織作りとは?
成長を続けるSaaS企業には組織としての共通点がある。それは具体的にどのようなものだろ...

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...