PHS高度化通信規格「W-OAM typeG」で提供

ウィルコム、最大512kbpsの通信サービスを4月5日開始

2007/03/08

 ウィルコムとウィルコム沖縄は3月8日、PHSの高度化通信規格で「W-OAM」を高速化した「W-OAM typeG」によるデータ通信サービスを4月5日から開始、対応端末「AX530IN」も同時に発売すると発表した。月額料金は従来通り。

 W-OAM typeGは、これまでのW-OAMで使われていた8PSK、QPSK、BPSKの3つの変調方式に加え、64QAM、32QAM、16QAMというさらに高速な3つの変調方式にも対応したもの。従来のW-OAMに比べて、速度が向上するほか、電波状況に応じた変調方式の切り替えがよりスムーズになったという。また、遅延速度(RTT)を大幅に改善。リモートログインしたサーバに対して、ターミナルに文字を打ち込んだ際などのレスポンスが向上している。

 なお、ウィルコムはPHS基地局回線の光IP化を進めており、今後光化が完成すれば、最大800kbpsにまで高速化できるとしている。

willcom01.jpg ネットインデックス製のAX530IN。ウィルコムストアで新規契約時2万6800円で販売予定

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -