向こう7年間で約40社に投資

BIGLOBEがネットベンチャーの投資ファンド設立

2007/11/01

 NECビッグローブは11月1日、インターネット関連分野のベンチャー企業に対して積極的な投資を行うことを目的として、コーポレート・ベンチャーキャピタルファンド「BIGLOBEファンド」を設立したと発表した。ファンドの総額は30億円。出資者BIGLOBE、BIGLOBEキャピタル、エヌ・アイ・エフSMBCベンチャーズ。向こう7年間で約40社に投資する予定。

 投資先ベンチャー企業に対して資金提供だけでなく、BIGLOBEが持つビジネスノウハウや、会員資産やネットワークインフラといったサービスプラットフォームの活用などの支援も行う。

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

デジタルネイティブ世代の過半数は「消費にも自己表現」を意識――電通デジタル調査
コロナ禍でデジタルネイティブの消費行動や価値観が変化しているようです。

企業SNSが炎上する理由 SDGs観点で考えてみると?
業務でSNSアカウント運用を担当している人に向け、SDGsの観点から、役立つノウハウをお伝...

Z世代の情報源はSNSが断トツ、ただし信用度ではテレビ番組/CMに軍配――ネオマーケティング調査
1996〜2015年生まれの「Z世代」は何を情報源としているのでしょうか。