新たなルートヒントファイルへの更新を

Lルートサーバのアドレス変更、DNSキャッシュサーバの設定に注意

2007/11/02

 インターネットの基盤を支えるルートネームサーバの1つ、「L.root-servers.net」のIPアドレスが変更になった。これにともない、DNSキャッシュサーバでの設定変更などが必要になる。

 これまでL.root-servers.netのIPアドレスは「198.32.64.12」だったが、米国時間の11月1日(日本時間では2日)より、新アドレスの「199.7.83.42」に移行した。ICANNによると、移行後も6カ月間は旧アドレスの参照は可能だが、最終的にはサービスを終了する予定という。

 この変更にともない、DNSキャッシュサーバではルートヒントファイルの更新といった作業が必要となる。例えばBIND 9では、InterNICが配布している新しいルートヒントファイルを入手し、リロードもしくはプロセスを再起動する必要がある。日本レジストリサービス(JPRS)では、djbdnsやMicrosoft DNS Service向けも含め、Web上で更新方法を紹介している。

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。

GoogleがIABのプライバシーサンドボックス批判に猛反論 完全論破へ42ページのレポートを公開
Googleは、米インタラクティブ広告協会から寄せられた批判について「多くの誤解と不正確...