新たなルートヒントファイルへの更新を

Lルートサーバのアドレス変更、DNSキャッシュサーバの設定に注意

2007/11/02

 インターネットの基盤を支えるルートネームサーバの1つ、「L.root-servers.net」のIPアドレスが変更になった。これにともない、DNSキャッシュサーバでの設定変更などが必要になる。

 これまでL.root-servers.netのIPアドレスは「198.32.64.12」だったが、米国時間の11月1日(日本時間では2日)より、新アドレスの「199.7.83.42」に移行した。ICANNによると、移行後も6カ月間は旧アドレスの参照は可能だが、最終的にはサービスを終了する予定という。

 この変更にともない、DNSキャッシュサーバではルートヒントファイルの更新といった作業が必要となる。例えばBIND 9では、InterNICが配布している新しいルートヒントファイルを入手し、リロードもしくはプロセスを再起動する必要がある。日本レジストリサービス(JPRS)では、djbdnsやMicrosoft DNS Service向けも含め、Web上で更新方法を紹介している。

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...