クロスプラットフォーム対応の真意

Adobe AIRが備える「Windowsが凋落する日」

2007/11/07

 Windowsがシェアトップでなくなる日。米アドビ システムズはこんな未来を想定しているようだ。「Adobe MAX Japan 2007」で来日したアドビのAdobe Flex テクニカル エバンジェリスト テッド・パトリック(Ted Patrick)氏は「OSとソフトウェアは転換期を迎えている。将来はもっと多くのOSが利用されるようになる」と話し、Web技術を活用してデスクトップアプリケーションを稼働させられる統合ランタイムの「AIR」について「どんなOSでもサポートできるのが最大の強みだ」と訴えた。

air01.jpg アドビのAdobe Flex テクニカル エバンジェリスト テッド・パトリック

 クライアント環境で最大のシェアを持つのはWindows OS。しかし、MacやLinuxも新製品が登場するたびに高い注目を集めている。特にUbuntu Linuxは現在最も注目を集めるWindows代替OSといえるだろう。従来はクライアントアプリケーションのプラットフォームとしてWindowsを想定して開発すれば、まずは間違いがなかった。しかし、Webアプリケーション、SaaSの環境が一般化することでOSが問われることは少なくなる。「クライアントのOS環境が断片化する」(パトリック氏)可能性がある。

 パトリック氏は、OSの断片化を見越してAIRをWindows、Mac、Linuxと複数のOSに対応させたと説明する。「アプリケーションを提供する企業にとってはユーザー環境でクライアントアプリケーションが稼働しないのは望ましくない。AIRの強みは1つのアプリケーションが多くのプラットフォームで動くことだ」。AIRを採用することで企業はユーザーのOS環境を考慮せずにアプリケーションを開発できるようになる。結果として「エンドユーザーの選択肢も広がる」とパトリック氏は見る。

 AIRの強みは「互換性」「リッチな表現力」「実装の容易さ」とパトリック氏は説明する。互換性はOSに依存しないことであり、リッチな表現力はFlashやPDF、JavaScriptなどのWeb技術でデスクトップアプリケーションを開発できることを指す。ではエンドユーザーがあまねくAIRのランタイムをインストールするという実装の容易さはどうだろうか。

 アドビが考えているのはキラーアプリケーションをAIRで開発し、そのアプリケーションの導入に合わせてAIRの導入も進めるという戦略だ。AIRのランタイムが一度PCに入ってしまえば、その後のAIRアプリケーションの展開がより容易になる。

 キラーアプリケーションとしてアドビが想定しているのは動画プレイヤーの「Adobe Media Player」や、買収で手に入れたオンラインワープロ「Buzzword」だ。Adobe Media Playerは当初からAIRで開発、Buzzwordは今後AIR版を開発する計画だ。これらのアプリケーションの人気が高まればAIRの導入率も自然に高まるだろう。パトリック氏によるとアドビ社内でも8つの社内向けアプリケーションをAIRで開発しているという。

関連リンク

(@IT 垣内郁栄)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

2021年の国内動画広告市場は前年比142.3%の成長、コロナ禍の落ち込みから反転――サイバーエージェント調査
インターネットを通して配信される動画広告の年間広告出稿額推計とこれからの市場規模推...

対Amazon包囲網も? ポストCookieにおけるCriteoの勝算
Criteoが3億8000万ドルでIPONWEBを買収する。サードパーティーCookie廃止はアドテク企業...

営業業務のデジタル化状況 遅れている業務1位は「取引先との契約書締結」――アドビ調査
“脱ハンコ”への道のりはまだ遠いのかもしれません。