Search Server 2008 Expressリリース候補版公開

MSが無償の企業向け検索ソフトを発表

2007/11/07

 米マイクロソフトは11月6日、サンノゼで開催中のエンタープライズ・サーチ・サミット・ウェストで、「Microsoft Search Server 2008 Express」を発表。ダウンロード可能なリリース候補版を公開した。「Microsoft Search Server 2008」や「Microsoft Office SharePoint Server 2007」と同じコア技術を用いており、エンタープライズ用途で求められるセキュリティ機能などを強化している。スタンドアロンで動作する。

 導入と設定を容易にした。ダウンロードから、実際に検索可能な状態になるまで30分程度で済む場合もあるという。検索対象とするドキュメント数に制限はない。

 同社はSearch Server 2008 Expressの発表に合わせて、同社の検索ソフトウェア製品に対してEMCのDocumentum、IBMのFileNetに対応する無償のコネクタを2008年初頭に提供すると発表したほか、検索関連の標準的APIであるOpenSearchへの対応も発表した。

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

売り上げ1億ドル超えのメガヒットアプリ、2021年は233本 うち4分の3がゲーム
年間売り上げが100億ドルを超えるアプリが続出、世界の消費者から財布の中身と生活時間を...

リアル行動ビッグデータを活用したイベント集客特化型デジタル広告 博展とunerryが提供
国内最大級のリアル行動データにより、精度の高いターゲティングを実現するデジタル広告。

InstagramなどSNS向けクリエイティブをディスプレイ広告に変換 「Nova」を使う意義と効果は?
インティメート・マージャーはソーシャルディスプレイ広告の作成・配信ツール「Nova」の...