Oracle OpenWorld開幕

米オラクル、Xenベースの仮想化技術「Oracle VM」発表

2007/11/13

 米オラクルは11月12日(米国時間)、開催中のイベント「Oracle OpenWorld」で「Oracle Database」やオラクル製アプリケーションを標準でサポートするサーバ仮想化技術「Oracle VM」を発表した。Xenハイパーバイザーをベースにした製品で、オラクルは「従来の仮想化環境と比べて3倍の効率性を実現した」としている。

 Oracle VMはオラクルのLinux OSである「Oracle Enterprise Linux」と同時にインストール可能。ゲストOSはOracle Enterprise LinuxのほかにRed Hat Enterprise LinuxとWindows Server 2003、XPなどをサポートする。オラクルはOracle DatabaseのほかOracle E-Business SuiteやPeopleSoftなどのオラクル製アプリケーションがOracle VM上で稼働することを検証済み。

oraclevm01.jpg 11月11日にはオラクル CEOのラリー・エリソン氏が登場し、30周年を迎えたオラクルの歴史を振り返った

 Oracle VMを提供開始するオラクルの狙いは仮想化環境を含めたフルスタックのサポート提供。データベースとミドルウェア、アプリケーションの一元管理を「Oracle Enterprise Manager」ですでに実現しているオラクルは、2006年にOracle Enterprise Linux(Oracle Unbreakable Linux)を発表し、OSを含めたフルスタックのサポートを提供できるようにした。しかし、2007年に入りエンタープライズ環境での仮想化環境の利用が急速に普及。仮想化環境を含めた一元管理とサポートが必要と考えた。2008年中にはOracle Enterprise ManagerでOracle VMを管理できるようにする計画だ。

 同日、基調講演したオラクル 社長のチャールズ・フィリップス(Charles Phillips)氏は「業界の最大の課題は複雑化されたシステム」と指摘し、Oracle VMの提供で「オラクルがシステムを統一していく」と強調した。仮想化環境では特にLinuxでの利用を想定し、「Linuxと統合して仮想化の管理が可能だ」と話した。基調講演では、Oracle VMの管理機能である「Oracle VM Manager」のデモンストレーションも実施。Oracle VM Managerは仮想化したリソースを管理するWebベースのツール。デモではサーバ上のアプリケーションを停止せずに、仮想化環境に割り当てるサーバリソースをリアルタイムに変更する機能や、仮想化環境自体を別の物理サーバに移行する機能を紹介した。

oraclevm02.jpg オラクル 社長のチャールズ・フィリップス氏

 オラクルはアプリケーションでも統合の方向を強く打ち出している。同社サーバ技術担当のエグゼクティブ・バイスプレジデント チャック・ロズワット(Charles Rozwat)氏はアプリケーション統合のアーキテクチャである「Oracle Application Integration Architecture」(AIA)を紹介し、ビジネスプロセスの柔軟な統合によって「システムの完成度を高める必要がある」と訴えた。

 Oracle VMはバイナリのみの利用は無償。有償サポートは1年と3年があり、それぞれOracle Enterprise Linuxのサポートである「Unbreakable Linux Network」を通じて提供する。

 

(@IT 垣内郁栄)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...