「コミュニティが求めるから」

サンとデルが提携、Solaris搭載サーバをデルが販売へ

2007/11/15

米サン・マイクロシステムズと米デルは提携し、デルがSolarisをインストールしたサーバを販売すると11月14日(米国時間)に発表した。サンはIBMとも同様の提携を8月に結んでいる。開催中の「Oracle OpenWorld」で講演したサンのCEO ジョナサン・シュワルツ(Jonathan Schwartz)氏は提携を加速させている理由を「コミュニティが求めているから」と説明した。

 提携は複数年にわたるOEM契約。デルのPowerEdgeサーバ購入時にSolarisを選択可能にする。シュワルツ氏によると「Solarisユーザーの3分の1はデルを使っている」といい、「両社のマーケットにとってよいことだ」と強調した。サンとデルはサーバ製品で競合するが、「競争しながら協力していく」という。両社は仮想化技術やISVサポートでも協力する。

sundell01.jpg サンのCEO ジョナサン・シュワルツ氏(右)の講演にはデルのCEO マイケル・デル氏が登場。「We're Listening」「regeneration」などと記載されたTシャツを交換した

 サンはデルのほかIBMやインテル、マイクロソフトとも提携するなどパートナー戦略を加速させている。シュワルツ氏は「コミュニティが技術と同じくらい重要だ」と話し、パートナー戦略がコミュニティの利益になると指摘した。特にSolarisやファイルシステムの「ZFS」(解説記事:ノートPCでこそ使いたいZFS)、Xenベースの仮想化技術「Sun xVM」のコミュニティの育成を続けている。

 シュワルツ氏はZFSについて力を入れて説明し、「弾力性、拡張性、サービス性能というエンタープライズディスクの高品質を安価なコモディティディスクで実現する」と強調した。

sundell02.jpg シュワルツ氏

関連リンク

(@IT 垣内郁栄)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

DIORが本気で挑むラグジュアリー体験としてのAR
広告プラットフォームのTeadsがAR(拡張現実)とAI(人工知能)技術を応用したサービスを...

AIに対して良い印象を持っている人は70%以上 理由は?
楽天インサイトが「AIに関する調査」結果を発表。AI(人工知能)のイメージや生活への関...

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...