ケータイ向けがPC向けの3倍の規模

電子書籍市場が前年比2倍の約182億円規模に

2007/11/16

 インプレスR&Dは11月16日、電子書籍市場の調査結果を発表した。調査によれば、2007年3月末のPC、ケータイ向け電子書籍市場全体の規模は約182億円で、対前年度比194%と約2倍に成長。このうち、ケータイ向けは電子書籍市場全体の市場規模の62%、約112億円を占めているという。

 電子書籍の中でも電子コミックの伸びが大きく、2006年度の電子コミックの市場規模は約106億円。内訳は、PC向けが約24億円、ケータイ向けが約82億円で、ケータイ向けがPC向けの3倍強の規模となっている。

 レポートでは「電子書籍普及の背景は、第3世代携帯電話の普及とパケット料金定額制の一般化」とし、通信速度や表示性能の向上がケータイ向け電子書籍市場の大幅な伸びにつながっていると分析している。

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

「メタバース」でどうやってもうけるの? Meta(旧Facebook)が考える収益化への道
Metaの中核をなすメタバースプラットフォームのマネタイズ計画が明確になりつつある。高...

コネクテッドTV(CTV)広告のパフォーマンスを包括的に計測、Adjustが新サービス「CTV AdVision」を発表
1つの管理画面でCTV広告の全体的なパフォーマンスを把握可能に。

Amazonの「ブランド広告力」が調査で判明、GoogleとFacebookを圧倒する理由は?
大手ECサイトの広告媒体としての価値がますます高まっている。リテールメディアへの広告...