マーティン・ファウラー氏所属企業が協力

JRuby on Railsを使って6週間で開発、米オラクルがソーシャルサイト

2007/11/19

 米オラクルはソーシャルサイト「Oracle Mix」を11月11日に立ち上げた。開発を担当した米オラクルのポール・ペドラッチ(Paul Pedrazzi)氏によるとOracle Mixは、オラクルの業務アプリケーション開発チームである「Oracle AppsLab」が「JRuby on Rails」を使って6週間で開発した。マーティン・ファウラー氏が所属するThoughtWorksが開発に協力した。

oraclemix01.jpg Oracle Mix

 Oracle MixはSNS、アイデア共有、グループコラボレーション、Q&Aフォーラムなどの機能がある。英語版で、すでにオラクル社員を中心に1500人ほどが参加している。アイデア共有が特に利用されているようだ。

 システムはオラクル製品を活用。WebアプリケーションサーバのOracle Application ServerとOracle Database、LDAPサーバのOracle Internet Directory、シングルサインオンを実現するOracle SSOで構成する。開発を担当したリッチ・マナラン(Rich Manalang)氏は「Oracle Mixはおそらく、JRuby on Railsで開発した最初にして最大のパブリックサイトだろう」としている。

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

「運用型クリエイティブ」とは何か?
マーケティング施策としてのクリエイティブ改善に取り組むべき理由とは何か。クリエイテ...

「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」 前年比5.2ポイント増加し61.5%に――博報堂調査
コロナ禍も約2年が経過し、マスク生活やテレワークなど新しい暮らしや仕事のスタイルがす...

Netflixはこれからどう稼ぐつもり?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...