オンラインストレージと連携

Adobe AIRで開発した「Web私書箱」、キー・ポイントが発表

2007/11/21

 キー・ポイントは11月21日、Adobe AIRを使って開発したクライアントアプリケーションとオンラインストレージサービスを組み合わせた「Web私書箱」のベータ版サービスを11月30日に開始すると発表した。ドラッグ&ドロップするだけでファイルをストレージサービスに登録し、遠隔地から安全に編集できる。

 AIRで開発したのはファイル登録のためのアプリケーション。ファイルをこのアプリケーションにドラッグ&ドロップするとオンラインストレージサービスに保管される。遠隔地などにある別のPCからこのファイルにアクセスするにはWindowsのネイティブアプリケーションを利用。事前に登録したUSBキーとID、パスワードで認証することでファイルにアクセスできる。

 ファイルは閲覧、編集はできるがローカルPCには保存できないよう制御している。自宅PCで会社のファイルを開いてもローカル保存できないため、情報漏えいの危険が少なくなるとキー・ポイントは説明している。同社は2003年からオンラインストレージサービスの「WebFile」を提供していて、そのノウハウとAIRアプリケーションを組み合わせた。

 ベータ期間中は無料で利用できる。2008年のAIR正式版リリースを待って、Web私書箱も正式版を発表する予定。WebFileをWeb私書箱のストレージサービスとして使えるようにすることも計画している。

(@IT 垣内郁栄)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

「運用型クリエイティブ」とは何か?
マーケティング施策としてのクリエイティブ改善に取り組むべき理由とは何か。クリエイテ...

「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」 前年比5.2ポイント増加し61.5%に――博報堂調査
コロナ禍も約2年が経過し、マスク生活やテレワークなど新しい暮らしや仕事のスタイルがす...

Netflixはこれからどう稼ぐつもり?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...