開発キットを配布

GPS利用のプラグインをユーザーが開発可能に、jigブラウザ

2007/11/22

 携帯電話向けJavaフルブラウザ「jigブラウザ」の開発・販売を行うjig.jpは11月22日、アプリケーションからGPS情報を取得する方法を一般公開し、その機能を利用した店舗検索プラグイン「jigお店サーチGPS」を公開した。プラグインは「jiglet」と呼ばれるjigブラウザ向けのもの。ユーザーはjig.jpが開発キットを使って自由にjigletを作成できる。対応機種はNTTドコモのFOMA 903i/904iの各機種。

 jigお店サーチGPSは、「居酒屋、カフェ」など入力したキーワードとGPS測位の結果から、ユーザーの位置情報に合わせて周辺で該当する店舗を検索することができるjiglet。検索結果にはシリウステクノロジーズが提供するソーシャルエリアブックマークサービスと、位置連動モバイル広告サービス「AdLocal」を使った。

 なお、jigブラウザの利用料は月額630円、年間利用料は6000円(いずれも税込み)。

関連リンク

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

外注費の実態 「動画制作」「マーケティング」が大きく増加の傾向――ランサーズ調査
フリーランスや専門会社への「外注」について、どのような業務の外注費が増加傾向にある...

SEO対策において「古い記事」をどうすべきか? 3つの対処法を解説
SEOの観点では、古い記事は削除した方がいいのか、残しておいても大丈夫か。どのような対...

「広告のムダ打ち」はなぜなくならない? アドフラウド以外に考慮すべき3つの視点
「アドフラウド」以外に、広告が届けたい相手にきちんと届くようにするために留意すべき...