地元大手と合弁会社を設立して台湾版楽天市場開設へ

楽天が台湾に進出

2007/11/29

 楽天は11月29日、台湾の統一超商股〓有限公司(〓はにんべんに分)と合弁会社を設立し、台湾で楽天市場を開設すると発表した。統一超商は、セブン・イレブン事業の展開などを行う小売流通大手。資本および資本準備金は約6億円、出資比率は楽天51%に対して統一超商49%。12月に会社を設立し、2008年第2四半期中に台湾でサービスを開始する。日本での楽天市場のビジネスモデルと同様に、台湾内で出店店舗と会員を募集して、マーケットプレース型のショッピングモールを展開する。

 2008年第2四半期中のサービス開始以降、2年目には単年度黒字化、3年後には出店店舗約3000店を目指す。将来は日台双方の「楽天市場」での連携も視野に入れる。

関連リンク

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...