地元大手と合弁会社を設立して台湾版楽天市場開設へ

楽天が台湾に進出

2007/11/29

 楽天は11月29日、台湾の統一超商股〓有限公司(〓はにんべんに分)と合弁会社を設立し、台湾で楽天市場を開設すると発表した。統一超商は、セブン・イレブン事業の展開などを行う小売流通大手。資本および資本準備金は約6億円、出資比率は楽天51%に対して統一超商49%。12月に会社を設立し、2008年第2四半期中に台湾でサービスを開始する。日本での楽天市場のビジネスモデルと同様に、台湾内で出店店舗と会員を募集して、マーケットプレース型のショッピングモールを展開する。

 2008年第2四半期中のサービス開始以降、2年目には単年度黒字化、3年後には出店店舗約3000店を目指す。将来は日台双方の「楽天市場」での連携も視野に入れる。

関連リンク

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

2021年ホリデーシーズンにおける米国オンライン消費額、サプライチェーン危機にもかかわらず過去最大を更新
「Adobe Digital Economy Index」によると、米国の2021年のホリデーシーズンにおけるオン...

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2022年1月)
今週は、パーソナライゼーション製品の国内売れ筋TOP10を紹介します。

オンライン商談システム市場 2020年度は前年度比倍増――ITR調査
コロナ禍によるオンライン商談需要の急増で市場が急拡大。訪問営業減少の影響が鮮明に表...