サポート拡大へ

最新仕様「OpenID 2.0」が公開

2007/12/06

 OpenID Foundationは12月5日、URIをIDとして扱うオープンな認証プロトコルの最新仕様「OpenID 2.0」を決定し、公開した。OpenIDをサポートするサービスは国内外で増加していて、今後の拡大が予想されている。

 公開したのは基本仕様の「OpenID Authentication 2.0」と、属性交換拡張の仕様「OpenID Attribute Exchange 1.0」。それぞれWebサイトで確認できる。

(@IT 垣内郁栄)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

「運用型クリエイティブ」とは何か?
マーケティング施策としてのクリエイティブ改善に取り組むべき理由とは何か。クリエイテ...

「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」 前年比5.2ポイント増加し61.5%に――博報堂調査
コロナ禍も約2年が経過し、マスク生活やテレワークなど新しい暮らしや仕事のスタイルがす...

Netflixはこれからどう稼ぐつもり?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...