専門知識を生かした副業も

エンジニアの16%が何らかの副収入

2007/12/06

 リクルートは12月6日、エンジニアの副収入調査の結果を公表した。同社が運営する情報サイト「リクナビNEXT Tech総研」で4378人のエンジニアに対して調査を行い、副収入があると回答した16%の回答者のうち23〜38才の300人に詳細を尋ねた。

 副収入源として多かったのは順に「株・不動産などの資産運用」(37%)、「ネットオークションやアフィリエイトなどネットを活用した小遣い稼ぎ」(30%)。専門知識を生かした「パソコン関連、システム開発」(12%)や「書籍執筆、セミナー講師」(7%)があるほか、「本業と関係のないアルバイト」(19%)という回答もあったという。収入の額は資産運用と回答した人では月に1万円から年間300万円まで幅広く、FX(外国為替取引)を行う人が目立ったという。アフィリエイトやネットオークションの収入は「月額数千円から2万円」だったという。

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。