ArcSight ESMで稼働

ログを基に日本版SOX法対応レポートを出力、アークサイト

2007/12/07

 アークサイトは12月7日、企業情報システムのログ収集、管理ソフトウェアの「ArcSight ESM」上で稼働するテンプレート集「日本版SOX法パッケージ」を発表した。幅広く集めることができるログをベースにアクセス権限管理などのIT統制を整備できるという。

 ArcSight ESMはネットワーク上のセキュリティ機器やデータベース、アプリケーション、認証システムなど170種300製品からログを収集できるソフトウェア。収集したログは正規化し、情報システムへのアクセスのリアルタイム監視のほか、アクセス権限管理などが可能。相関分析の機能もあり、さまざまなログの情報を組み合わせて管理者にとって有用なデータを作成することができる。

 ArcSight ESMのうえで稼働する日本版SOX法パッケージはISO17799:2005とNIST 800-53標準規格をベースに、監査証跡として利用できるさまざまなレポートを生成できる。「情報のセキュリティ」「アクセス制御」などISO17799:2005にのっとったカテゴリで、ログをベースにしたレポートを出力可能。「米国SOX法のレポートをベースに日本版SOX法に対応させた」(アークサイト)という。

arcsight01.jpg ArcSight ESMで稼働する「日本版SOX法パッケージ」のダッシュボード画面

関連リンク

(@IT 垣内郁栄)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

アップルのiPad Pro炎上CMにサムスンが一撃 「クリエイティビティーはCrushできない」
Appleらしからぬマーケティングの失敗から数日後、Samsungは「Galaxy Tab S9」を訴求する...

電話・スマホでのコミュニケーションは「通話」? 「テキスト」?
クロス・マーケティングが全国の20〜69歳男女を対象にした調査によると、電話やスマホで...

商品のパッケージが変わると購入意欲につながる?
商品のパッケージデザインの一新が新規購入とその後のリピート購入にどの程度つながって...