在校生、職員には広告表示なし

ヤフー、学校向けに「Yahoo!メール」を無償提供

2007/12/10

 ヤフーは12月10日、Webメールシステム「Yahoo!メール」を教育機関向けに無償提供すると発表した。教育機関は独自のメールアドレスを在校生、卒業生、職員に提供可能。ヤフーは同時にYahoo! JAPAN IDも配布し、関連するサービスの利用を促進する。

 教育機関向けに電子メールシステムを無償提供する取り組みはグーグルが先行。日本大学はグーグルの「Google Apps Education Edition」(Google Apps)を導入し、最終的に約10万人に活用させる計画を進めている。

 ヤフーが始めた「Yahoo!メール Academic Edition」は月間の利用ID数が1500万件を超えるYahoo!メールがベース。Webメールのため、教育機関はサーバなどを用意することなく、利用できる。迷惑メール対策やウイルス対策の機能も付く。在校生と職員が使う場合には通常は表示される画面内の広告を表示しないようにする。

 教育機関には独自のメールアドレスと同時にYahoo! JAPAN IDが配布され、「Yahoo!カレンダー」「Yahoo!アドレスブック」などYahoo! JAPANのサービスを利用可能。ヤフーはSNSや掲示板などのサービスを教育機関向けに提供することも予定している。

関連リンク

(@IT 垣内郁栄)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

広告の「No.1」表記の実態 購入動機の約60%に影響
GMOリサーチ&AIは広告の「No.1」表記に対する消費者の捉え方を把握するために調査を実施...

香り体験をデジタル化する「香りリテールメディア」 東芝テックとスコープが提供開始
店頭に香りリテールメディア用のタブレットと香料噴射器が付いた商品棚を設置して、消費...

電通と電通デジタル、電通プロモーションプラス3社横断のCX専門チームが発足
dentsu Japanの3社は、分散しがちだったCXの施策、ノウハウ、データをつなげるストック型...