クローズドベータがリリース

「はてなワールド」限定公開、仮想3D空間でキャラが会話

2007/12/13

 はてなは12月13日、自分で描いたキャラクターを使い、地図上でほかのユーザーと会話できる新サービス「はてなワールド」のクローズドベータサービスを開始した。日本語版と英語版がある。

hatena01.jpg 「はてなワールド」

 はてなワールドは、地図をベースにした仮想の3D空間内で楽しむコミュニケーションサービス。自分のキャラクターを地図内で操作し、出会った人とチャットを楽しめる。地図の地名やはてなのユーザー名を入力すると瞬時にその場所やユーザーがいるところに移動する機能もある。

 キャラクターを中心とするある範囲内に別のキャラクターが入ってくると会話できる。終了した会話は地図上にアイコンが残り、HTMLベースの会話ログを後から確認できる。会話ログのURLをほかのユーザーに知らせれば情報を共有できる。自分のユーザーページでも会話ログを確認できる。

 ほかのユーザーに知られたくない会話は「鍵」をかけて見られないようにできる。別のユーザーを秘密の会話に参加させるときは、地図上でそのユーザーのキャラクターをドラッグ&ドロップして自分の会話範囲に入れる。

 キャラクターはライブラリに用意されているほか、エディタツールがあり、自分で作成可能。ほかのユーザーが作成したキャラクターを自分のキャラクターとして使うこともできる。

 はてなワールドは、「hatenaworldグループ」参加者のみに公開。hatenaworldグループへの参加は先着順100人まで。徐々に定員を増やし、正式開始を目指す。

関連リンク

(@IT 垣内郁栄)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

「ペプシチャレンジ」で煽られて焦ったコカ・コーラの“痛恨のやらかし”とは?
長年の間「コーラ戦争」を続けてきたCoca-ColaとPepsi。マーケティング施策でも切磋琢磨...

デジタル化する顧客体験に関する消費者と企業の認識ギャップ――ナイスジャパン調査
問い合わせの初動としてインターネットやFAQ検索をする人が約8割。デジタルチャネルによ...

気象データは近未来のデータ 予測に基づき「役に立つ」広告を届ける
気象データを活用することでどのような広告コミュニケーションが可能になるのか。海外の...