Silverlight用アドオン提供の計画も

Visual Studio 2008で「メイド・イン・ジャパン」のアプリケーションを

2007/12/14

 マイクロソフトは12月14日、統合開発環境の最新バージョン「Microsoft Visual Studio 2008 日本語版」の開発を完了し、販売を開始した。同日より、MSDN会員向けのダウンロード提供を開始している。

 Visual Studio 2008では、従来より提供されてきたアプリケーション開発・実行プラットフォーム「.NET Framework 2.0/3.0」だけでなく、最新版の3.5に対応。また、Webアプリケーションへの適用を視野に入れ、AjaxやREST、RSS、ATOMなどの技術に対応したほか、Windows Vistaで実装された「Windows Presentation Foundation」(WPF)を用いたアプリケーションの構築が可能だ。また、Officeを活用した業務アプリケーションの開発を支援する「Visual Studio Tools for Office」も、これまで別製品として提供されてきたが、Visual Studio 2008ではProfessional Editionに標準で同梱されるようになった。

vs2008_01.jpg マイクロソフト デベロッパー ビジネス本部 業務執行役本部長、市橋暢哉氏

 マイクロソフト デベロッパー ビジネス本部 業務執行役本部長の市橋暢哉氏は、「Visual Studio 2008は、Windows VistaやOffice 2008、SQL Server 2008やといった新しいプラットフォームを最大限活用できるアプリケーションを開発できる」と述べた。同時に、ユーザーエクスペリエンスの向上にも注力しているという。市橋氏は、こられを生かし、日本ならではの感性やクオリティへのこだわりを満たすような「メイド・イン・ジャパンのアプリケーションを1本でも多く作り出してほしい」とした。

 さらに、リッチアプリケーションを実現する「Silverlight」についても、近い時期にアドオンツールを提供し、サポートする計画だ。

 Visual Studio 2008 日本語版のリリースと同時に、パートナー28社が対応を表明した。その1社で、学生向けの読解力養成ソフト「eJournalPlus」をVisual Studio 2008で開発したシリコンスタジオのソフトウェア アーキテクト、ヘンリク・ヨアンソン氏は「.NET Framework 3.5では、認証や安全なコミュニケーションのための機能も提供される。デバッグも速く、短期間で、安全で安定したアプリケーションを開発できた」と述べた。

 価格は、Standard Editionが2万9800円、Professional Editionが12万8000円。チーム開発向けにテストやプロジェクト管理機能などを強化した「Visual Studio Team System 2008 Team Suite」は150万円。なお、これまでStandard Editon向けに設定されていたアカデミックパックは、Professional Editon向けに設定し直され、1万2800円となる。

 2008年2月1日よりボリュームライセンスの、2月8日よりパッケージ製品の販売が開始される予定だ。またそれに先立ち、無償の「Express Edition」のWebダウンロード提供が12月18日より開始される。

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...