外出先から情報検索やファイルアクセス

自宅PCをAPIでネットに公開、フリービットが技術開発

2007/12/17

 フリービット12月17日は、自分のPCのリソースをインターネットに対してセキュアにAPIで開放する「SematiqNode API」を開発したと発表した。同APIは、フリービットの連結子会社であるISP、ドリーム・トレイン・インターネット(DTI)の個人ユーザー向けに無償のベータ版サービス「Dream SemantiqNode」として提供を開始する。

 Dream SemantiqNodeを利用することで、ケータイや外出先のPCから自宅のPCのファイルに自由にアクセスできる。API連携によりマッシュアップも可能で、Google Desktopをインストールしておくことで自宅のPCのファイルを検索することもできるという。自宅PCのハードディスクを扱えるため、ギガバイト単位の大きなファイルの受け渡しも手軽に行えるという。

dsn01.png

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

メタバースが新たな戦場? コカ・コーラとペプシのライバル関係のこれからを占う
長年の間ライバル関係にある2つのブランドが、メタバースにおいて新たな局面を迎えている...

FamilyMartVision × LIVE BOARDのクロスメディアパッケージ 首都圏で販売開始
店舗内と屋外のデジタルサイネージの連携で、来店率と購買率共に向上させることが期待で...

「dポイント」を活用したデジタル販促ソリューション、D2Cが提供開始
約8900万人(2022年3月時点)が利用する「dポイント」を期間や用途を限定する形でインセ...