リンクは画像上でもクリッカブルに

画像キャプチャでWebサイトを引用できる「kwout」

2007/12/26

 Webサービスなどを開発するハートレイルズは12月25日、Webサイトの内容を画像キャプチャでブログなどに引用できるサービス「kwout」を開始した。入力されたURLからWebページをサーバ上で画像としてレンダリング。キャプチャしたWebページの画像から、ユーザーは引用したい範囲をマウスでドラッグすることで、引用範囲の切り抜きを指定できる。

 切り抜いた画像はFlickrやTumblr、または自分が運用するブログサイトにエクスポートできる。また、オプション指定により、画像中のリンクをイメージマップで実際にクリッカブルにすることもできる。切り抜いた画像自体はkwoutのサーバ上に蓄積され、埋め込み向けのHTMLスニペットを貼ることで、さまざまな場所に引用できる。

 Firefox向けにはブックマークレットも用意されており、Webページを表示中に画像キャプチャを作成することもできる。

 ハートレイルズは神奈川県に拠点を置く社員4人のベンチャー企業。2006年5月の設立以来、これまでにWebブラウザやAPI経由で簡単に円グラフを描ける「HeartRails Graph」、Webサイトをサムネイル化、PDF化するサービス「HeartRails Capture」、多くのWebサービスに対応したウィジェットライブラリ集の「7widgets」など12のプロダクト・サービスをリリースしている。これまでのサービスは日本語でのサービスインだったが、現在、kwoutは英語によるサービス提供となっている。

kwout01.png URLを入力するとWebサイトのキャプチャ画像をサーバ側で生成する
kwout02.png キャプチャ画像で必要な個所をマウスでドラッグして切り抜き範囲を決める
kwout03.png 最終的に生成された画像はイメージマップによりリンクも有効な引用画像として、ブログなどに貼り付けることができる

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...