リアルタイムで検索して文例を調査

ネットの用例から訳語を確定、翻訳サービスASP「熟考Ver2.0」

2008/01/23

 翻訳エンジン開発ベンチャーのロゼッタは1月23日、インターネット上の用例から的確な訳語を選んで翻訳する自動翻訳サービス「熟考Ver2.0」を発表した。年間利用料11万円(税別)でASPサービスとして提供する。日英・英日の両方向での翻訳が可能で、翻訳できる分量に制限はない。

 従来の翻訳ソフトウェアが、あらかじめ用意された辞書データを用いるのに対して、ロゼッタの熟考Ver2.0ではインターネット上の文例を参照するという違いがある。Webブラウザ上で入力された原文の中で多義性をもつ語彙について、インターネット上の例文を検索して訳語を確定する。例えば、「cataract」という語は大雨、洪水、滝、白内障……など多くの意味を持つが、原文が「If you have an operation to remove cataracts,」であれば「operation」という語から、適切な訳語が、それぞれ「手術」、「白内障」と確定できる。翻訳に当たってはバックエンドで検索を行うため、400語程度の英文の翻訳に6分前後かかるという。

 新手法により、従来の自動翻訳に比べて精度が高い翻訳が可能という。医薬、バイオ、化学、技術系のメーカーやIT企業を対象に販売を進め、初年度で8億円の売り上げを見込む。

 人間の翻訳者によるリライトサービスをオプションとして提供するほか、今後は中国語などほかの言語でのサービス提供も予定している。

jukkou01.png

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

Xが新規アカウントに課金するとユーザーはどれほど影響を受ける? そしてそれは本当にbot対策になるのか?
Xが新規利用者を対象に、課金制を導入する方針を表明した。botの排除が目的だというが、...

Googleの次世代AIモデル「Gemini 1.5」を統合 コカ・コーラやロレアルにも信頼される「WPP Open」とは?
世界最大級の広告会社であるWPPはGoogle Cloudと協業を開始した。キャンペーンの最適化、...

Cookie廃止で広告主とデータプロバイダ、媒体社にこれから起きることとその対策
連載の最後に、サードパーティーCookie廃止が広告主と媒体社それぞれに与える影響と今後...